Home > 活動ブログ

共感の場で気づく「自分の世話」の必要性 ~ ワンネスファミリーグループの会場から ~

2018年09月05日 (水)

今回の活動ブログは、家族会「ワンネスファミリーグループ(OFG)」のひとコマをご紹介。
 
セレニティパークジャパン名古屋代表で日本ファミリーインタベンションセンターディレクターの池田秀行が、OFG東京(毎月第1土曜日14時~)の様子をお伝えします。
 

 
======================
 
ワンネスファミリーグループ東京(OFG東京)は、昨年6月より私池田とワンネスグループの心理カウンセラーで東京・横浜オフィスのスタッフでもある片桐淳の2名で担当させて頂いております。
 

 
 
会場には毎回およそ20名のご家族が参加。ご本人の側は薬物やアルコール、ギャンブル、ゲーム、ホストなどの依存の渦中にいる、あるいは脱却の歩みを続けている方など様々な状況にいらっしゃいます。
 
OFG東京を進行していく上で大切にしているのは、「依存症本人をどうするか?」という事より「自分の世話をする」というに重きを置いているという点です。ご家族からの話題も、やはりご自身に焦点を当てたものが多くなったように思えます。
 

 
 
家族のプログラムを通じて、家族の変容を目指す皆さんの多様な人間観の中で、親睦を深めていくこと。そして、今抱えている悩みについて向き合いながら寄り添い、参加されるご家族それぞれの経験を通して、気づきや共感、癒しのコミュニティづくりを目指しています。
 
前回(9月1日開催)は、第1回より毎月参加して頂いているメンバーお二人によるスピーカー(体験発表)を行いました。
 
テーマは「自分の世話をする」。苦しかった頃のお話や、プログラムの実践の中での気づきや、当事者や家族に対する想いなどについて語って頂きました。お二人の飾らない正直なお話に、私自身もまた気づきの日となりました。
 

(心理カウンセラー養成経験も豊富な片桐によるセッション)
 
 
OFG東京は、東京都内だけではなく、千葉や神奈川、山梨、また回によっては東北地方など遠い所から参加される方もいらっしゃいます。
 
このところ、OFGの終わったあと、メンバーさん同士で誘い合ってお茶に行かれたというお話を伺いました。「繋がり」が生まれたことに、これでいいのだと、少し嬉しくなりました。
 

 
 
私は、東京のほかに名古屋(毎月第2土曜日13時~)に毎回、そして横浜(毎月第1、3木曜日13時30分~)も不定期で関わっています。
 
これからも初めて参加される方も安心して頂ける雰囲気づくりを大切にしていきたいと思います。
 
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
【家族会(ワンネス ファミリーグループ)各地で開催中】
 
依存症者の家族たちの集い「ワンネスファミリーグループ」を関西、関東、東海、沖縄地区で定期的に開催しています。
(画像をクリックすると専用ページに移動します)
 

 
 
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
【ワンネスグループの依存症相談窓口】
~ギャンブル・アルコール・薬物などの依存でお困りの方、ご家族の方へ~
 
自身の依存経験と支援経験、そして専門的知識を持ったスタッフが対応します。
ご相談の秘密は守られます。安心してご相談ください。
 
<依存症相談ダイアル>
電話番号(通話料無料):0120-111-351 (受付時間:月~金曜日/10時~17時)
 
<依存症sosメール相談>
下のバナーをクリックすると相談フォームにリンクします。(24時間365日送信可能)

 
<LINEからも相談できます!>
下のバナーから友達追加後、メッセージを送信いただけます。
      友だち追加

top