Home > 活動ブログ

『内的な成長を大切にしたい』家族会ワンネスファミリーグループで 施設の取り組みを紹介

2018年11月05日 (月)

今回の活動ブログは、毎月第1土曜日に開催している『ワンネスファミリーグループ(OFG)東京』について。
 
11月開催分を担当した、セレニティパークジャパン奈良スタッフの木村勇也が、当日の様子をお伝えします。
 

 
 
======================
 
11/3(土)に「ワンネスファミリーグループ東京」が行われました。
 
この日、私も会場へ足を運び、セレニティーパークジャパン奈良で取り組んでいる回復プログラム、TC(治療共同体)とも呼ばれる施設内で回復に取り組む利用者の様子についてお話させていただきました。
 
セレニティーパークジャパン奈良の利用者のうち、関東からの利用者は全体の2割ほどです。
 
遠く離れた奈良の地で、どのような回復プログラムに取り組み、日々生活しているのか、ご家族にとっては気になるところです。
 
普段、施設ブログなどでしか見ることが出来ない部分について、写真やエピソードも交えながら約1時間お伝えしました。
 

 
 
TCの中は、24時間回復の環境にあるといえます。
そのメソッドを用いた集団生活・回復プログラムを通じて、
 
・生活習慣を見直すこと
 
・自身の感情に焦点を当てること
 
・感情の取り扱い方を学ぶこと
 
・健康的な対人関係を築くこと
 
・TCの中で役割を担い、責任を持つことや周囲と協力すること
 
などを学びます。
 
 
ギャンブルなどの依存行為が慢性化することによって、当事者は自分自身の感情に疎くなる傾向があります。
 
依存の背景にある「生きづらさ」となる負の感情(不安や罪悪感など)への対処として、ギャンブルなどの依存を続けていくしかなくなり、問題がさらに深刻化。
 
生活習慣の悪化や家族を含めた人間関係の崩壊、金銭問題などが次々と表面化していきます。
 
 
ワンネスグループのTC内では、エモーショナルリテラシーや12ステップに代表される伝統的なプログラムが回復の軸になります。
 
さらに、NLPやソーシャルパノラマのような比較的新しい心理プログラムを実践するなかで、生きづらさや感情面の問題を克服し、内面的な成長を促しています。
 
 
また今回は、セレニティーパークジャパン奈良独自の回復プログラムについてもご紹介し、参加されたご家族からも多くの関心を寄せていただきました。
 

 
 
このワンネスファミリーグループ東京での機会を通じて、依存症から回復するという希望を様々な形で伝えていきたいと感じています。
 
今回、私自身の過去のギャンブル問題や回復の経験、家族再生の取り組みについてもお話させていただきました。
 
 
セレニティーパークジャパン奈良では、今日もみんなで回復に取り組み続けています。
 
私たちにしか伝えることの出来ない依存症回復の希望を言葉だけでなく、実際に回復に取り組み、成長していく姿で伝えていきたい。
 
これからもクライアントもスタッフも、一緒に成長していきたいと思います。
 

※来月から東京開催の開催時間ならびに会場が変更になります。
【時間】毎月第1土曜日 13:30 ~ 15:30
【会場】日本心理カウンセラー養成学院 東京校 (千代田区内神田1-9-2 TYD内 神田ビル3階)
 
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
【家族会(ワンネス ファミリーグループ)各地で開催中】
 
依存症者の家族たちの集い「ワンネスファミリーグループ」を関西、関東、東海、沖縄地区で定期的に開催しています。
(画像をクリックすると専用ページに移動します)
 

 
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
◆ セレニティパークジャパン(奈良・沖縄・名古屋) 施設ホームページはこちらから!
(画像をクリックするとホームページに移動します。)
 

 
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
【ワンネスグループの依存症相談窓口】
~ギャンブル・アルコール・薬物などの依存でお困りの方、ご家族の方へ~
 
自身の依存経験と支援経験、そして専門的知識を持ったスタッフが対応します。
ご相談の秘密は守られます。安心してご相談ください。
 
<依存症相談ダイアル>
電話番号(通話料無料):0120-111-351 (受付時間:月~金曜日/10時~17時)
 
<依存症sosメール相談>
下のバナーをクリックすると相談フォームにリンクします。(24時間365日送信可能)

top