Home > 活動ブログ

顔が見える安心感が「解決」を後押し ~対面での依存症相談について~

2018年11月25日 (日)

今回の活動ブログは、全国各地で実施されているワンネスグループの「相談会・来所相談」について。
 
フリーダイアルやメール、LINEを通じたものとはまた違った対面での依存症相談について、ワンネスグループ本部スタッフ(依存症相談ダイアル担当)の真篠剛がお伝えします。
 

 
 
======================
 
ワンネスグループ依存症相談担当の真篠です。
 
今回は、対面相談のメリットについてお伝えしたいと思います。
 
現在、ワンネスグループでの対面相談は、全国各地での「依存症を知るセミナー」後に開催している個別相談会、夜間相談会(大阪・横浜)、そして各施設での来所相談があります(いずれも要事前予約)。
 

(横浜オフィスでは第1,3木曜日に夜間相談を実施)
 
 
まず、依存症ご本人の心理についてお伝えすると、かつての私もそうでしたが、依存行為を長く続けてきている方ほど「あきらめ」の状態にいることが多いということがあります。
 
数多くの思い通りにならない経験や失敗を重ねているのですが、依存行為を手放せず、結果的に「否認」や「正当化」、「行動の先延ばし」という形でご家族の皆さんなどへ接してしまいます。
 
ですので、ご家族など周囲にいらっしゃる皆さんが、ご本人より先に相談されることが効果的だと言えます。
 

(大阪オフィスは第1,3水曜日に夜間相談を実施)
 
 
一方で、相談される方にはご自身の抱える不安を解消したいというニーズがあり、それが過度になると(自身にとって)納得のいく回答を求めて相談機関を転々とするケースもあり、これは問題解決とは逆の方向へ行ってしまいます。
 
また、「何とか、本人を説得してほしいんです!」と、無理やりご本人を連れて行こうとするご家族もいらっしゃいます。
 
そのお気持ちはお察ししますが、ご本人の状態を理解せずに対応することで、否認や不信感をより大きくしてしまう場合があります。
 
 
問題の解決には、依存症を理解してその理解に基づいた関わり方をすることが必要ですが、対面で相談することによって理解がより深まり、ご家族の不安感についても事細かに対処法をアドバイスすることが可能です。
 
電話相談(依存症相談ダイアル)やメール相談(sosメール相談)のように、音声や文字だけの情報でも私たちのアドバイスを効果的にお伝えすることを日々努力していますが、互いの顔が見える安心感や細かいニュアンスの食い違いが減るということが、対面相談の特徴です。
 

 
 
不安や恥の感覚などから、相談という行動のハードルが高いと感じているご家族もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際に足を運ぶことは、問題解決のための新しい行動、変化の始まりでもあります。
 
ケースは少ないですが、依存症者ご本人がお越しになるケースもあります。ハードルを超えていく勇気を持って相談場所へいらっしゃるので、私たちも勇気付けられます。
 
対面相談を通じて具体的な回復プロセスを知ることで、関心はあるが何から始めたらよいかわからない、あと一歩勇気が持てないという方にとって、背中を押してもらえるような大きな力があるようです。
 
実際、相談をきっかけに、ワンネスグループの入所型施設や週末通所コース(大阪、名古屋、横浜で開催)を利用されている方も多くいらっしゃいます。
 
 
ワンネスグループの個別相談は無料で実施しています(セミナーで実施される場合、セミナー参加の資料代が必要な場合があります)。
 
依存症問題からの脱却に向け「知る」、「始める」、「方向転換する」というきっかけの場として是非、対面での相談もご活用ください。
 
 

 
◆「依存症を知るセミナー」の会場でも終了後に個別相談を受け付けています。
セミナー情報は → http://oneness-g.com/semi.php
 
◆横浜オフィス夜間相談 (毎月第1、3木曜日 午後5時から)
毎回4組限定(予約順に時間帯が決まりますので、ご希望の時間に添えない場合があります)
予約は電話かメールで受け付けます。
TEL:045-264-4365  メール:yokohama@oneness-g.com
 
◆大阪オフィス夜間相談 (毎月第1、3水曜日 午後5時から)
毎回4組限定(予約順に時間帯が決まりますので、ご希望の時間に添えない場合があります)
予約は電話かメールで受け付けます。
TEL:06-6115-7395  メール:osaka@oneness-g.com
 
◆各施設(奈良、沖縄、名古屋)、相談拠点(横浜、大阪の夜間相談以外の時間帯)
・・・それぞれ、各施設にお問い合わせください。
 
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
【ワンネスグループの依存症相談窓口】
~ギャンブル・アルコール・薬物などの依存でお困りの方、ご家族の方へ~
 
自身の依存経験と支援経験、そして専門的知識を持ったスタッフが対応します。
ご相談の秘密は守られます。安心してご相談ください。
 
<依存症相談ダイアル>
電話番号(通話料無料):0120-111-351 (受付時間:月~金曜日/10時~17時)
 
<依存症sosメール相談>
下のバナーをクリックすると相談フォームにリンクします。(24時間365日送信可能)

top