Home > 活動ブログ

本気で自分の人生を生きてほしい ~高校での薬物乱用防止講演で経験者が語る~

2018年12月30日 (日)

今年最後の活動ブログは、高校生への薬物乱用防止メッセージ。
 
薬物やアルコール等の依存症回復支援施設「奈良GARDEN」スタッフの川端理之が、先日兵庫県内の高校で実施した講演の様子をレポートします。
 

 
======================
 
ワンネスグループ 奈良GARDENは2005年に開設されて以来、依存症で苦しんでいる人達に提供できる良質なプログラムを依存症治療の先進地である欧米各国から学んで吸収し、基盤を確立してきました。
 
依存症回復支援の活動を続けていく中で、関西地区の自治体や学校、市民グループなどから講演会やセミナーの依頼を頂いています。
 
今回は、奈良GARDENディレクターの酢谷映人が、今月18日に兵庫県立夢野台高校(神戸市)にて実施した「薬物乱用防止講演会」の様子を紹介させていただきます。
 

 
 
今回の講演会には、約800名の生徒、先生の皆さんが参加されました。
 
 
酢谷の話は、最初に『今後自分が薬物を使ってしまう可能性があると思うか?』という問いかけから始まりました。
 
大半の参加者は‘使うことはない’と答えましたが、数十名の参加者からは‘使ってしまうかもしれない’という答えが返ってきました。
 
酢谷自身、薬物を使って生きていこうなんて考えはなかったことや、スポーツに熱中していたという学生時代を振り返りました。
 
そんな自分が少しずつ薬物を使うようになっていった経験、薬物を使用することでどのような出来事が起こっていくのかという経験をありのままに語りました。
 

 
 
そして、依存症回復支援施設の職員として社会復帰をしている、いま。
 
施設の入所者が施設を飛び出し、再使用した結果片足を失うことになったことや、飛び出したあと最後には死んでしまったことなど・・・薬物依存の実態を話しました。
 
薬物を使用することで障害が残ってしまうことや、死に至るということ。
 
残された人たちがどんな思いをするのか、そして薬物を使っている本人がどんな思いをしているのかを、若い世代の皆さんに伝えたかったからです。
 

 
 
何よりも伝えたかったことは、「自分を大切にする」ということ。
 
周りの人たちの意見に流されて自分を見失ってしまうのではなく、自分の想いや考えを大事に表現してほしい。
 
本気で自分の人生を生きること。
 
 
酢谷は最後に、今回の講演会の感想や相談したいことがあればSNSを通じてメッセージを送ってほしいことを伝え、講演は終了しました。
 
自分の生き方に対する考え方が大きく変わった
 
胸を打たれた
 
施設の職員をしていて辛いことはないのか?
 
もっと話を聞きたかった
 
・・・など、講演後にSNSで感想をいただきました。
 

 
地域の方々にワンネスグループを知っていただく機会があることによって、今もどこかで依存症で苦しんでいる人達に、解決策を手にする機会が増えていくことを願っています。
 
 
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
【奈良GARDENの活動がわかるブログ 更新中!】
(下のバナーをクリックするとブログページに移行します。)

 
 
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
◆ あなたの街で「出張版 依存症を知るセミナー」を開催します!
(画像をクリックすると専用ページに移動します。)

 
依存症経験者が主体となり活動する「ワンネスグループ」だからこそお伝えできる内容。
依存の苦しみ、依存脱却に必要なこと、今日一日を生きる姿。
 
理解促進、早期発見・早期対処、予防を考える上での参考にもなります。
自治体や町内会の行事で、学校や企業で、私たちの経験をお役立てください!!
 
 
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
【ワンネスグループの依存症相談窓口】
~ギャンブル・アルコール・薬物などの依存でお困りの方、ご家族の方へ~
 
自身の依存経験と支援経験、そして専門的知識を持ったスタッフが対応します。
ご相談の秘密は守られます。安心してご相談ください。
 
<依存症相談ダイアル>
電話番号(通話料無料):0120-111-351 (受付時間:月~金曜日/10時~17時)
 
12/30(日)*特別対応(10:00-17:00)
12/31(月)*特別対応(10:00-17:00)
1/1(火)~3(木) 休み
1/4(金)からは通常対応(月~金10:00-17:00)です。
 
※特別期間中は回線数を減らして対応しますので、電話がかかりづらい場合があります。時間を変えてお電話頂くか、緊急性が無ければメールをご利用ください。
 
<依存症sosメール相談>
下のバナーをクリックすると相談フォームにリンクします。(24時間365日送信可能)

top