依存症経験者の視点で「生きやすい」社会づくりを目指す ONENESS GROUP ワンネスグループ

依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00
  • HOME>
  • 依存症でお困りのご本人の方へ

はじめに
~このページをごらんになっている あなたへのメッセージ~

薬物への依存に悩む
あなたへ

ワンネスグループ共同代表 
伊藤 宏基

このサイトにたどり着いた方へ
もしあなたが、依存症かもしれないと不安だったり、現に依存症で苦しんでおられるなら、この出会いは、何かのきっかけになるかもしれません。

ワンネスグループ共同代表の伊藤宏基です。

大切で、愛おしい自分の人生を生きています。沢山の人たちと支え合いながら、生まれ変わった毎日を過ごしています。自分を見捨てず、自由の本当の意味を知り、回復の奇跡に感謝しています。

過去は薬物やアルコールに人生を支配されている時間を、約10年続けてきました。薬物を手に入れること、使うことそれだけに自由を奪われていました。周りの人を散々裏切り、傷つけ、そして自分を見捨てて生きてきました。

~同じような経験や感情をあなたも持っているかもしれません…
このままでは、もう生き方がどうにもならないと…。~

そんな時、自分はやめるための方法をいくつか試しました。薬物の種類を変える、仕事を変える、住む場所や付き合う人を変える…自分が変わるのではなく、他の人やものを変えることにエネルギーを注いでいました。それでも、薬物は止まりませんでした。少しだけ、マシになった時期はありましたが、もっと酷くなるばかりでした。

出会いが必要でした。薬物使用をやめて生きる回復者と出会い、少しずつ回復の道へと繋がっていきました。そして、頭も身体も心もスピリチュアリティもクリーンで〝今〟を生きています。

回復には、たくさんの痛みが伴います。最初の時期は、一人で乗り越えることはとても困難です。薬物を止めるためには、仕事や家庭や趣味、友人など一度様々なものを手放さなければなりません。中途半端ではどこにも辿り着けません。けれど、決心し身をゆだねることで、考えられないほどの幸福が手に入り、手放したものは必要なものであれば返ってきます。

リスクがあるように思うかもしれませんが、あなたが本当に望むものが手に入るでしょう。薬物やアルコールや、自由を奪うもの、あなたを支配するものを手に入れるわけではありません。あなたの魂が本当に望むものを手に入れるのです。

きっと、誰もが依存症者になりたいと思って生まれてきたわけではありません、幸せになるために生まれてきたはずです。しかし、色々な要因により、依存症になってしまったのなら、意志や根性を出してそこに立ち向かうのではなく、助けを求めて回復を目指すのが最善の方法です。

もう遠回りするのはやめましょう!!
なりたい自分になれないで膝を抱えて生きている人、なりたい自分が何だったのかを忘れてしまっている人、自分を嫌いになって自分を責め、薬でそれを紛らわすしかないと信じている人…。自分を見捨てるのではなく、自分と繋がるのです。そのために、ここに助けを求めてください。

薬物やアルコールをやめ、解決と希望を掴んでください。

ギャンブルや
アルコールへの
依存に悩むあなたへ

ワンネスグループ共同代表 
三宅 隆之

ワンネスグループ共同代表の三宅隆之です。
ギャンブル依存症とアルコール依存症の経験者で、今日もギャンブルをしない、酒を飲まない生き方を続けています。今では自由だと思っています。ギャンブルをするも、しないも。酒を飲むも、飲まないも。私は、そのうち「しない、飲まない」ことを選択し続けているに過ぎません。

このページをご覧になるということは、もしかしたらあなたご自身が「依存症」「ご本人」という言葉にピンと来ているからなのかもしれません。そして、もしかしたら今のご自身の状況を何とか変えたいと思っていらっしゃるかもしれません。

かつての私の経験をお話します。ギャンブルとアルコールが自身の手に負えなくなっていた10数年前。あるときに、インターネットで「依存症」と検索したところ、その当時の社会的資源、自助グループ、医療機関、施設などが画面に表示されました。
そうか、そういう場所へ行ったほうが良いかもしれないな…。でも…。まぁ、自分で何とかしよう。
仕事も忙しいし、(自助グループの会場まで)遠いし。ギャンブルのやり方を、飲み方を変えれば良いんだよ。

今振り返ってみると、依存脱却のきっかけが遠のいた瞬間だったのです。その後は、借金をさらに繰り返し、仕事を続けられなくなり、住み慣れた土地から逃げ、しまいには刑事事件まで起こしていきました。心から血が流れているようでした。とことん酔っ払って、翌朝目が覚めなければいいとも思っていました。

わかっていました。その原因が自身のコントロールできないギャンブルや酒であることが。
止めればいい。けれど一歩を踏み出せず、言い訳をしながら依存は深まるばかりだったのです。

…ここまでの体験を読んでいただき、あなたの心に浮かんだことはなんでしょうか。
私は、苦しむためにギャンブルや飲酒を始めたわけではなく、ましてや依存症者になろうとか、犯罪を起こしてやろうなど考えるわけもありませんでした。その点は、あなたと同じかもしれません。
まさか自分が…問題を抱えているとは思いたくありませんでした。

依存症が自然に解消していくというケースはゼロではないそうです。
しかし、問題を繰り返していることが分かっていながら止められないのなら、自力でなんとか解決しようという考え方から、社会資源などサポートを活用するという考え方にシフトしたほうがよさそうです。

まさか自分が。
でも、そのまさかを感じている今こそ、変化への一歩を踏み出すチャンスかもしれません。
依存を止めて生きることは不安がつきものです。混乱し破綻した人生が、良いものになる訳がないと諦めてもいました。
しかし、私は今を生きていますし、多くの依存経験者が今を生きています。
だから、あなたにもできるはずです。
回復施設の代表者がこんな事を言うのは変かもしれませんが、回復のための手段は何だって良いのです。
大切なことは、いま、目の前にある手を、あなたが握ることです。

依存症や生きづらさを
抱え悩む
女性のあなたへ

ワンネスグループ副代表 
オーバーヘイム容子

ワンネスグループ副代表のオーバーヘイム容子です。
2児の母であり、シングルマザーとして今の活動をしています。

依存症や生きづらさはあっても、自分自身の人生を大切に歩みたい、そんなふうに思えるようになった自分が好きです!そして、生きていて良かった!

過去は薬物を使いながら、死にたいって思っていたことを思い出します。

依存症だなんて認めたくない!病気なんかじゃない!どうにかなっている、生きづらさなんてない・・・と自分に言い聞かせ、「自分が苦しい、つらい」ということを認めることができなかった頃があります。

あなたは今どんな気持ちでこのサイトを見てくれているのでしょうか?

やめたくてもやめられない・・・。
私は薬物・アルコール・過食・過食嘔吐・自傷行為・男性との関係性に依存していました。

子どもの頃から人との比較がとまらなくて、自分を責め、大人の顔色をうかがい誰かを喜ばせたくて、褒めてもらいたくて行動することがやめられませんでした。夫婦喧嘩が絶えない環境の中で、安心安全を感じる時間が少なかったと思います。

薬物を使い続けるために、嘘をつき、人をだまし、利用をする自分。
記憶がなくなるまでアルコールを飲む。素面(しらふ)でいることが怖く、何かに酔っていないと怖くてアルコールを飲み続けた自分。男性との関係を継続させたくて、喜ばせたくて、物を買い与え、性的な事でも、本当はしたくないこともしてしまう自分。寂しさや空虚感を埋めるために、何も考えたくなくて、沢山食べて吐く、を繰り返してしまう自分。自分自身のことが嫌いでたまらなくて、自分の身体を傷つけ、身体の痛みで気持ちを紛らわせる自分。

過去は自分を傷つける解決方法しか分かりませんでした。

助けを求めることも、相談することもできませんでした。自分がどんな気持ちで、どうしたいのかも分かりませんでした。

自分の人生なのに
自分に自信がなくて、怖くて、不安でたまりませんでした。
結婚したら幸せになれる、子供ができればきっと変われると思っていました。
しかし、私の場合は違いました。
私自身が変わらなかったので、結婚生活も10年で破綻しました。

シングルマザーとして2児を育てる決心をした自分は、「日々、強くなければならない!私がしっかりしなければならない!」と言い聞かせ仕事をしていました。そんな生活が1年も過ぎると、「何のために生きているのか・・・」と分からなくなりました。

そして、アルコールで再発。
その時やっと、自分自身は依存症であり、考え方、生き方を変えない限り回復はないと気づくことが出来ました。

何かに依存していたことは、私にとって自分を守るための対処法だったと思います。しかし、今は昔の対処法を使う必要はありません。

きっとあなたも今何かに依存し続けているのであれば、他の対処法が分からないのだと思います。
自分自身を責めないでください。あらたな対処法と出逢うことは出来ます。
その一歩として、あなたの声をどんなかたちでも届け、助けを求めてください
生きていて良かった、自分の人生捨てたもんじゃなかった、と思える日が来ることを願っています。

ワンネスグループの施設・
スタッフからのメッセージ

2019.06.20

沖縄の自然を駆け抜け 新たな生き方を見つけていく ~自転車プログラム~

ワンネスグループにできること

① 依存症について知る機会の提供

全国各地で「依存症を知るセミナー」を開催中です。
セミナー担当スタッフたちも依存症の経験者。一般論だけではなくスタッフたちの経験を通して依存症の実態や解決策を知る機会になります。
終了後には個別相談会を開催。直接スタッフと話ができます。

② 依存症相談の提供

ワンネスグループでは、以下の方法で個別相談を受け付けています。
依存症を経験したスタッフ、家族としての立場を経験したスタッフがお話を伺います。

電話…
(依存症相談ダイアル) 0120-111-351
(月曜〜金曜 10:00〜17:00)
メール…
(依存症sosメール相談) sos@oneness-g.com
LINE…
下記ボタンから友達登録後、
タイムラインに直接相談をお送りいただけます。

来所…
各施設・各拠点に直接ご連絡いただくか
(依存症相談ダイアル)0120-111-351
へ連絡いただき日程調整をおこないます。

③ 依存症脱却サポートの提供 <入所型>

ワンネスグループの傘下各団体は奈良・沖縄・名古屋に入所型施設を運営。依存から抜け出して自らの人生をよいものとしていくためのサポートを提供しています。また、依存の渦中で抱えてしまった法的な問題についても、ワンネスグループダイバージョンセンターの弁護士と連携して対応にあたります。

④ 依存症脱却サポートの提供 <通所型>

ワンネスグループでは、大阪・名古屋・横浜で「週末通所コース」を実施。ギャンブルやネットゲームの問題を何とかしないといけないが、仕事や学校があるから施設入所が難しい…という皆さんへ、土・日の午後にプログラムを受けていただきます。フォローはSNSを通じて毎日行い、家族向けプログラムも実施します。

⑤ 依存症脱却プログラム勉強会の開催

ワンネスグループでは、大阪・名古屋・沖縄(那覇)で依存症脱却プログラムの勉強会(ステップスタディグループ)を開催。自助グループ的な雰囲気でワンネス出版発行の書籍ほか、依存脱却の参考になる文献の読みあわせや経験のシェアなどを行っています。  参加無料/事前予約は不要
詳しくは(依存症相談ダイアル) 0120-111-351
(月曜〜金曜 10:00〜17:00)
メール:info@oneness-g.com まで

⑥ インターネットやゲームへのかかわりで
困っている本人のためのミーティングの開催

大阪で本人のみが参加できる自助グループ的なミーティングを開催。
経験のシェアなどを行っています。参加無料/事前予約が必要
詳しくは(依存症相談ダイアル)0120-111-351
(月曜〜金曜 10:00〜17:00)
メール:info@oneness-g.com まで

⑦ 依存症を知る「マンガ小冊子」の
無料ダウンロード

実体験をもとに描いたマンガ部と、できるだけわかりやすく依存症の実態をお伝えしている解説部を無料でダウンロードできます。