依存症経験者の視点で「生きやすい」社会づくりを目指す ONENESS GROUP ワンネスグループ

依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00
  • HOME>
  • ワンネスグループ 心理学ブログ

2019.11.27

今後の「家族の関わり方講座」のご案内

こんばんは。

かなり久しぶりの投稿になってしまいました。

忙しかったもので…

 

さて、今年の5月、世界保健機関(WHO)がゲーム障害を

正式に疾患として認定したわけですが、

今日、ゲームの依存に対する初の全国規模の調査が発表されました。

→ニュース記事はコチラ

 

で、そのニュース関連の取材がワンネスグループ横浜オフィスで行わた次第です。

たくさん喋ったので、どこが使われたのか、

そもそも使われたのかどうかもわかりませんが…

(すぐに沖縄に移動したので確認できませんでした)

 

 

ゲーム障害かどうかはお医者さんが判断するとして、

ゲームによって日常生活や人間関係に困難が起こっていたら、

どんな風にしたらいいか、みたいな話をしたはずです。

 

周りの家族に対しては、例えばこんな話…

(当団体代表の三宅さん、フリーダイヤル担当の真篠さんの意見も参考)

◇家族間の人間関係(本人以外同士も含む)を豊かにする

◇ゲームに頼らざるを得ない何かがあると考え、その原因を知ることと本人の居場所づくりを考える

◇ルールは場当たり的にならず、しっかり検討して遂行する

 ・それを実行した時の反応を想定し、ルールを決める

 ・一度決めたルールは、途中で変えずに続ける

 ・ご褒美は本人が喜ぶものであれば、一般的に価値のないものでも構わない

 ・何に対しての「ご褒美」なのか、明確にする。

  その「ご褒美」はその行為に対してしか与えない

  (「学校に行くこと」「ゲームの時間を決めてすること」など)

 ・「罰」の効果は文化による差が大きく、一概にいいとも悪いとも言い切れません。

  「ご褒美を与えない」などを罰と捉え、叱責や暴力を使わない方がいい

◇家族の力だけでなんとかしようとしない

 ・専門の相談機関や家族の会、家族の講座などを活用する

 ・本人に影響力のある「健全な」人物をうまく活用する

◇本人の話をしっかり聞いてあげる(話す割合は自分2:本人8くらいが理想)

 

今日のニュースを見て、ワンネスグループのホームページを探し出し、

このページにたどり着いた依存症のご家族の方。

現状から一歩前進したいご家族の方。

ワンネスグループでは、現在「依存症・引きこもりのための家族の関わり方講座」を

横浜、大阪で開催しております。

PDFは→コチラ

 

ゲームに関するお問合せが増加しているということもあり、

来年は全国の主要都市で開催する予定です!

(札幌、仙台、東京か横浜、名古屋、大阪、広島、福岡、沖縄あたりですかね…)

ご参加ご希望の方がいらっしゃいましたら、

まずは開催都市のご希望を下記のメールアドレスにお送りください。

yokohama@oneness-g.com

それでは、今日もお読みいただき、ありがとうございました!

カレンダー

2020年6月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最新の記事

アーカイブ

月を選択