依存症経験者の視点で「生きやすい」社会づくりを目指す ONENESS GROUP ワンネスグループ

依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00
  • HOME>
  • 活動ブログ

ワンネスグループ活動ブログ

2016.04.23

今日のワンネスプグループも会社経営者の覚せい剤問題

今日は、会社経営者で、覚せい剤を止めたいけれど、やめ続けることが「困難」という方がパートナーと二人で来られました。今日からスタートしたワンネスプグループが東京で開催している、10日間のプログラムを受講しに来ていただいています。

________________________________________

彼は覚せい剤を使用することで、何を得ているのでしょうか?

_____________________________________________

快楽・ストレス発散であること、そう教えてくれました。

_____________________________________________

以下のような4つの枠組みを使いながら、現在地はどのあたりにいるのかを考えながらお話を伺います。

_____________________________________________

【娯楽使用】
社会的使用、あれば使うし使わないでもいられる

【状況的誤用】
特定の状況で薬物・アルコールは自分の能力を上げてくれるので使用する

【問題使用】
毎日の生活を乗り切るために使い、問題が生じている

【依存】
ネガティブな結果の認知、コントロールの喪失、ブラックアウト、耐性の上昇、離脱時の症状など、多くの問題にかかわらず使い続ける

_____________________________________________

この方は社員も相当数いる会社の経営者
利益も出ていて、経営も非常にうまくいっているようです。

_____________________________________________

そして、続いて彼の現在地②を見ていきます。

_____________________________________________

【移行期のクライアント】反抗的・敵対的・否認中か?
【一次的クライアント】動機があり、助けを求めているか?
【リラプス(再使用)しやすいクライアント】回復のスキル/知識はあるがリラプスを繰り返しているか?
【重複・複数診断を持つクライアント】か?
【物質使用障害に加えて精神保健・身体的な疾患を抱える】か?

_____________________________________________

彼の場合は依存状態ではありますが、仕事のへのモチベーションも非常に高く、今日のワークにおいても、自身が大きな転換期を迎えているという気づきとともに、アウトカムもしっかりしている内的な自己に出会うこともできました。

_____________________________________________

新たな自己と出会った時の、少年のような笑顔が印象的でした。

_____________________________________________

覚せい剤を使用し、快楽を得て、ストレス発散の後には、思い切り仕事に打ち込むことができるそうです。

_____________________________________________

しかし、覚せい剤を使用していれば逮捕されるリスクがあること、でも、覚せい剤を使用することでストレスを発散し、仕事が順調に進むこと。このように彼が最も大切にしていることが実はビジネスであることがわかりますが、その仕事に対するモチベーションがダブルバインド(二重拘束)になっており混乱していることがわかりました。
_____________________________________________

覚せい剤を使用することで仕事がうまくいくと考えている
しかし、覚せい剤を使用し続ければやがては逮捕され何もかもを失う可能性がる
_____________________________________________

人間の行動のすべてには肯定的な意図が必ずあります。
_____________________________________________

本来の彼は、ビジネスの領域でもっと成功したいのです。
_____________________________________________

その成功をサポートする仕組みを確立することが、彼の回復と成長のクリニカルパス(回復の道筋)であるということを彼自身の「意図」が合意してくれました。

_____________________________________________

この発見は彼にとっても考えにも浮かばないアイデアのようでした。

_____________________________________________

そういったサポートもワンネスプグループは実現可能なスキルを獲得しています。

_____________________________________________

あらゆるケースに柔軟に対応できるよう、これまで心理学界の大御所たちを海外講師を招聘し続け、あらゆる技術を学び続けてきました

_____________________________________________

もし自分の思考を変えられれば
自分の感じ方も変えられる
もし自分の感じ方を変えられれば
抱えている欲求を変えられる
もし欲求が変われば
自分の行動も変わる
もし自分の行動が変われば
自分が手にする結果も変わる

_____________________________________________

ワンネスプグループのサポートは、これまでの既存の回復施設と一線を画すものであると、お褒めの言葉を数多くいただいておりますことにスタッフ一同感謝いたします。
_____________________________________________

ワンネスプグループ 矢澤祐史

カレンダー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新の記事

アーカイブ