依存症経験者の視点で「生きやすい」社会づくりを目指す ONENESS GROUP ワンネスグループ

依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00
  • HOME>
  • 活動ブログ

ワンネスグループ活動ブログ

2016.03.04

ワンネスグループ 女性回復プログラムに新しい技法を追加します。

【セリーン・ベガ博士のソマティックトランスワーク】

ワンネスグループ 女性回復プログラムに新しい技法を追加します。

一般の方も参加できるトレーニングワークショップです。

2017年3月17〜20日 3月24日〜26日

セリーン・ベガ博士は認可心理セラピストとして、個人・カップル・グループを心や魂の世界へと導き、動きやトランスワークや儀式をアディクション、チャクラワーク、摂食障害、心や魂の危機、エコロジー心理学の分野で生かしてきました。

セリーン・ベガ博士は、ヨーガや他のスピリチュアルな動きの体系を探求しました。動きを伴う彼女のワークは、長年様々な人たちにダンス技術を教え、動きの可能性を探ってきた中から進化しました。彼女はセイブルック大学より心理学の博士号(バージニア・サティアの研究)、JFK大学よりアディクションを専門とする臨床心理学の修士号、カリフォルニア大学サンタクルス校より儀式・アーツにおける学士号を授与されています。

ワークショップやパフォーマンス、講義やグループの指導を通じて、セリーンは動きとマインドーボディ技法を、アメリカのみならず世界中の大学・病院・高校・パフォーミングアートセンター・人間開発センターに紹介しています。彼女はバスティーユ大学とJFKの客員教員、ソフィア大学(前トランスパーソナル心理学研究所)のコア教員を務め、過去にCAMFT(カリフォルニア夫婦・家族セラピスト協会)のサンタクルス支部長の任にありました。

彼女はSpiritual Emergence Network Newsletterの編集長として心理スピリチュアルの発生・出現を探り、カリフォルニア大学サンタクルス校で他のセラピストとそのトピックのセミナーを行いました。

博士は動きや儀式を用いてエコロジー心理学の理解と経験を深めてきました。彼女の関心は1993年にサンタクルスのセラピストを集めたセラピーワークと社会/政治/環境問題の関係性を探るグループを結成し、隔月でこれらの問題に関してコラムを寄稿することへと実を結びました。セリーン博士は、ステファン・ギリガン博士の開発した自己ー関係性心理セラピーモデルにも彼と共に取り組んでおり、セラピーワークに取り入れています「Walking In Two Worlds: The Relational Self In Theory, Practice, And Community(2層の中を歩く:理論・実践・共同体における関係的自己)」の中で彼女が担当した1章では、ワークの例が取り上げられています。

加えて、彼女はカイレア・テイラーと共同で、インナーエシックス(内的倫理性)に関する教育やワークの開発を行っています。これはカイレアの著書「Ethics of Caring: Honoring the Web of Life in Our Professional Healing Relationships(ケアすることの倫理性:職業的な癒しの関係性において生命のつながりを尊重する)」に基づいています。

また、アノデア・ジュディスと共に、セリーンは9か月のチャクラ集中ワークを開発しました(彼女たちの共著:「The Sevenfold Journey: Reclaiming Mind, Body and Spirit Through the Chakras(7層を織りなす旅:チャクラを通じて心・体・魂を取り戻す)」に基づいています)。それを1985年から1997年まで教えました。2人はその後も毎年1週間の「チャクラの心理学」をKripaluヨーガ健康センターで教え続けています。

現在はセイブルック統合医療・ヘルスサイエンス大学でマインドーボディ医療の博士課程のディレクターを数年間務めたのち、客員教員の職位にあります。

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最新の記事

アーカイブ