依存症経験者の視点で「生きやすい」社会づくりを目指す ONENESS GROUP ワンネスグループ

依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00
  • HOME>
  • 活動ブログ

ワンネスグループ活動ブログ

2017.02.21

依存症治療共同体 ワンネスグループが東京にて「中高年の依存症」についてのセミナーを行いました!

依存症治療共同体 ワンネスグループでは、東京で毎月1回、「依存症を知るセミナー」を無料で行っています。2月の内容は「中高年の依存症」について。今回も、様々な立場のたくさんの方にお越しいただきました。

依存症治療共同体 ワンネスグループ 東京スタッフ 片桐によるレポートです。

220 東京セミナー写真_170221_0001

【依存症の特徴】

まずは、依存症治療共同体 ワンネスグループ共同代表の三宅隆之、沖縄の施設の代表の位田忠臣より、施設を利用されているクライアントの皆様のアンケート結果や実際にかかわっている様子を交えながら、中高年の依存症の特徴を説明をさせていただきました。

 

 

当団体の施設をご利用の中高年の方の依存対象は、薬物、アルコール、ギャンブルとまんべんなくいらっしゃり、ほとんどの方が、10~20代にその依存対象を始めています。

 

 

そんな皆様に、「中高年の依存症は回復しづらいか」を聞いたところ、「はい」と答えた方と「いいえ」と答えた方は、およそ半分ずつ。それぞれのご意見をまとめると、

_____________

「はい」

・家庭があるので、施設に繋がりにくい。

・残りの人生を考えると、将来の希望が持てない。

・習慣になっている期間が長いので、変えるのが難しい。

_____________

「いいえ」

・社会経験が回復への力となる

・どの年齢からでも回復はできる

などの意見がありました。

_____________

一般的に中高年の依存症は「回復しづらい」と言われていますが、実際に施設を利用されている方のご意見は、より希望を持たれていらっしゃることがわかります。

220 東京セミナー写真_170221_0004

依存症治療共同体 ワンネスグループは、フリーダイヤル(0120‐111‐351)で、当事者の方やご家族の方からの相談を受け付けておりますが、そちらにお問い合わせいただく方々の傾向としては、

・経済的な悩み

・家族成員の変化

・仕事の責任の重圧

・単身で生活していることによる孤独感

などが多いです。

一様に、不安感、孤独感などの悩みを抱えていることが背景にあります。それらの課題を根本的に解決していくことが必要となるのです。

_____________

【中高年の依存症回復の体験談】

今回は、30年以上続くギャンブル依存症の末、当施設に繋がり、昨年の10月までいらっしゃった50代男性(Tさん)をお招きし、その実体験をお話しいただきました。

 

 

施設につながる前は、見栄、プライドが邪魔をし、心を開けない。なかなか変えられない自分がいた。厳しい家庭で育ったこともあってか、自分の意思を率直に伝えることをしていなかった。そんな状態で、ギャンブルにはまっていったとのこと。

 

 

施設に入って、「感謝、感動、反省」が大事であることを実感したそうです。感情を伝える、もやもや感、次の日まで引きずらない。人のせいにするのをやめる。そんなことを心がけながら施設での生活をすることで、回復への道が確信に変わっていったとのことでした。「色んな年齢の人と一緒に生活する環境はめったにない。最初は抵抗があったが、仲間に対して自分を開くことで、お互いに支え合ういろんな体験ができた。」そんな風にもおっしゃっていました。

 

 

 

現在は、体も心も健康で、幸せだなと実感できているとのことで、「生きやすくなっている。ギャンブルする気持ちにならない。」ともおっしゃっていました。ギャンブルした期間とギャンブルしてない期間とが半分になる年齢まで生きることを目標にしていて、その時が楽しみで仕方ない。その年の誕生日を自分がどんな想いで迎えるのか心待ちにしていらっしゃるとのことです。

 

 

最後に、依存症を抱えている当事者、ご家族に向けて、アドバイスをいただきました。「自分だけで解決しようとしない。誰かに助けを求めてほしいが、助けを求める相手を間違わないでほしい。そうしないと、回復は絶対できない。この年から回復した自分を思い出して、勇気を持って行動に移してもらいたい。」

220 東京セミナー写真_170221_0003

_____________

【最後に】

ところで、依存症治療共同体 ワンネスグループの施設では、20代、30代の方の利用者が多くなってきています。

以前は、「落ちるところまで落ちないと治らない」=「底つき」と言われていました。しかし、「底をついた」時には、命の危険も伴います。「いつでも回復は始められる」とはいえ、より悪化する前に、なるべく早い対応が必要と考え、今回のセミナーのような啓発活動、フリーダイヤル、家族への介入(インタベンション)なども行っています。

1487047695516

また、「ワンネスファミリーグループ」は東京でも運営しており、月に1回、ご家族のためのセミナーを開催しております。

【次回のワンネスファミリーグループ 東京セミナーは、3/18(土)開催です。】

1487849434429

「いつでも依存症回復は始められる」。しかし、放っておけば、着実に心身をむしばんでいきます。一人で悩まずに、ぜひお問い合わせください。

■次回の依存症を知るセミナーin東京は3/27(月)開催です。テーマは 「レース系ギャンブルへの依存」
会場:アクセア貸会議室 半蔵門 第2会議室 (千代田区隼町2-13 US半蔵門ビル 5F)

①東京123月

全国で開催しています「依存症を知るセミナー」詳しくはこちら

S__1556485

_____________

ワンネスグループのセミナー情報などを詳しく発信!【メールマガジン&LINE公式アカウントに登録しませんか?】

私たちが開催する全国各地のセミナーや講座情報、依存を克服した人たちのメッセージ、依存解決に役立つ情報など。メールマガジンは毎週水曜朝配信!LINE公式アカウントは随時配信(相談メッセージも送れます。)

<メルマガ登録>
依存症、また、依存症回復に関する最新情報をお知らせいたします。
ぜひ、ご登録ください。
http://oneness-g.com/semi.php
(ワンネスHP内、セミナー情報の1番下のお知らせから、ご登録が可能です。)

<LINE公式アカウント登録>
LINEで「@oneness-g」でIDを検索。
最新情報を配信しております、ぜひ、ご登録ください。

1487473026846

_____________

【依存症相談フリーダイヤル・SOSメール相談】
~ギャンブル・アルコール・薬物依存症でお困りの方、ご家族の方へ~
専門的知識と、数多くの依存症者と関わっている経験豊かなスタッフが対応します。
薬物問題でのご相談の場合も、秘密は守られます。安心してご相談ください。
(電話がつながりにくい場合は、お手数ですが再度お電話ください。)

<依存症相談フリーダイヤル> 0120-111-351 (受付時間:月~金曜日/10時~17時)
<依存症SOSメール相談>

1485415566018

 

依存症治療共同体 ワンネスグループ 東京スタッフ 片桐 淳

カレンダー

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最新の記事

アーカイブ