依存症経験者の視点で「生きやすい」社会づくりを目指す ONENESS GROUP ワンネスグループ

依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00
  • HOME>
  • 活動ブログ

ワンネスグループ活動ブログ

2017.02.19

依存症治療共同体 ワンネスグループ インタベンションセンターにおける役割の一つ、保護司会での講演について

前回の記事 「依存症治療共同体 ワンネスグループ インタベンションセンターにおける役割の一つ、病院面会での介入について。」

 

先日、日本インタベンションセンター代表で一般社団法人 セレニティパークジャパン センター長を務めます大田が、奈良県の生駒南地区保護司会様から依頼を受け、薬物に関する研修ということで、総勢25名の保護司さんを前にし、薬物依存症の話をさせて頂きました。

 

 

 

依存症治療共同体 ワンネスグループの今までのセミナー形式の様な、パソコンやパワーポイントを使わず、これまでの経験と依存症についての情報をお伝えする形で講演がスタートしました。

 

 

 

まず、依存症が「病気」であることについてふれ、脳の病気であり、慢性疾患であることを繰り返し保護司の方に説明し、依存症は病気なので回復に向けた支援が必要であることを訴えました。保護司さんが関りを持たれている薬物の問題がある方に対し、どのような支援が効果的かつ、その方の人生を共にクリエイトできるのか。この考えについては、保護司の方と我々も同じ考えです。

 

 

 

依存症治療共同体 ワンネスグループとして今回の講演を行うにあたり、私が保護司の方へ何を提供出来るのか?自身の経験や依存症の話、それも必要ですが、今、薬物に問題がある方と関わっている中での、こんな場合はどうしたらいいの?と言った生の声に一番の興味を持っていたので、講演時間の大半を関りで困っていることや、それぞれのケースについて、皆さんとディスカッションしていく時間を設けました。

 

 

 

その中で、「当事者が薬物を使いたい気分なんですと言った場合は、どう答えたらいいのでしょうか?」との質問がありました。我々は当事者の方と関わる中で、本人が考えていることや、感じていることをいったん受容することを伝えしました。

 

 

 

本人は薬が使いたいくらい苦しんでいるのかもしれません。その苦しさを受け入れてもらえたら、どう感じますか?と、逆にその保護司さんへ質問してみました。保護司さんから「苦しさを分かってもらえたら嬉しいですし、そこで関係性が良くなる感じもします」と。ただ、難しいですね~とも言われていました。

 

 

それは保護司さんの立場上、薬を使いたいと言えば、反応的に「それはダメだよね」と言ってしまうそうなので。その話を聞かれていた保護観察所の方が、観察所内で行われているグループミーティングでは参加されている方が「今薬物を使いたい欲求があるんですよね」と話されたときに、観察所の方が「そのことを正直に伝えてくれて、ありがとう!」といったやり取りをされている話を聞かせて頂きました。

 

 

 

我々 依存症治療共同体 ワンネスグループの活動が身になっているのか分かりませんが、その様な関りをされていることに感動させて頂きました。そして、同様なケースが様々な場面で行われることを願うのと、我々も同様な場面を提供できるように、今後も当事者との関りをされている方へ情報発信をさせて頂きたいと思います。

_____________
FBページにぜひ「いいね」お願いします。

日本インタベンションセンター代表 大田の活動報告をご覧いただけます。

日本ファミリーインタベンションセンター

1487048953977

_____________

1487765660923

1月21日 兵庫県でのインタベンション成功!!
ギャンブルとアルコールに苦しむ仲間のインタベンション。以前回復施設や自助グループにも繋がっていた仲間なので、僕たちの話を興味深く聞いてくれ、早々に施設へ入所することを決断。
奈良に帰る車中で彼が言ってくれた言葉「苦しんでる依存症者の為に、わざわざ迎えに来てくれるなんて、有難いですね」自分のやってることは間違いない!と、更なる自信に繋がる、有難い言葉でした。ただ、何よりも彼が彼の人生に可能性を感じ、一歩を踏み出してくれたことに感動です。ありがとう。

_____________

1487765620729

2月19日 午前中に来所相談。
話を聞いていると、早急に動かないといけない案件。 これから自分の人生をどう選択して良いか迷っている当事者の元へ。与えられた役目に全力を尽くしてきます。

_____________

1487765641323

2月22日 今日は神奈川へ。
昨年インタベンションしたアルコール依存の方を再度回復のステージへ立ってもらう為、彼の勤務先へ向かっています。その移動中にも2件のインタベンション依頼電話。インタベンションを決断してくれたご家族と、今も踠き苦しんでいる仲間に、自身のエネルギーを全て注ぎたいと思います。

_____________

1487047695516

【依存症問題を抱える家族のために。家族の笑顔を幸せのために。日本ファミリーインタベンションセンター】

「日本ファミリーインタベンションセンター」は、私たちワンネスグループが母体のインタベンションの専門組織です。インタベンションによるアプローチは、ワンネスグループ最大の特徴というべきもので、日本の依存症回復支援施設のなかで、いち早くこの手法を取り入れて実践しています。

_____________

ワンネスグループのセミナー情報などを詳しく発信!
【メールマガジン&LINE公式アカウントに登録しませんか?】

私たちが開催する全国各地のセミナーや講座情報、依存を克服した人たちのメッセージ、依存解決に役立つ情報など。メールマガジンは毎週水曜朝配信!LINE公式アカウントは随時配信(相談メッセージも送れます。)

<メルマガ登録>
依存症、また、依存症回復に関する最新情報をお知らせいたします。
ぜひ、ご登録ください。
http://oneness-g.com/semi.php
(ワンネスHP内、セミナー情報の1番下のお知らせから、ご登録が可能です。)

_____________

<LINE公式アカウント登録>
LINEで「@oneness-g」でIDを検索。
最新情報を配信しております、ぜひ、ご登録ください。

1487473026846

_____________

【依存症相談フリーダイヤル・SOSメール相談】
~ギャンブル・アルコール・薬物依存症でお困りの方、ご家族の方へ~
専門的知識と、数多くの依存症者と関わっている経験豊かなスタッフが対応します。
薬物問題でのご相談の場合も、秘密は守られます。安心してご相談ください。
(電話がつながりにくい場合は、お手数ですが再度お電話ください。)

<依存症相談フリーダイヤル> 0120-111-351 (受付時間:月~金曜日/10時~17時)
<依存症SOSメール相談>

1485415566018

日本インタベンションセンター代表

一般社団法人 セレニティパークジャパン センター長

大田宏充

カレンダー

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最新の記事

アーカイブ