心身の回復とウェルビーイングな生き直しをワンネス財団 ONENESS GROUP FOUNDATION心身の回復とウェルビーイングな生き直しをワンネス財団 ONENESS GROUP FOUNDATION心身の回復とウェルビーイングな生き直しを。

無料相談
ダイヤル

0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00
  • HOME>
  • 活動ブログ

ワンネス財団活動ブログ

2016.05.01

ワンネスグループでプログラムを受けていたら、絶対に幸せになれる自信がある

ワンネスグループの依存症からの回復について
___________________________________________
ワンネスグループの回復支援の目的は、病気を治すことではありません
新しい方法で人生の方向性を学んでいくのが、回復であり成長です
___________________________________________
人それぞれが、より大きな存在になっていくことを意図に、ワンネスグループは回復のプログラムを作っています
___________________________________________
人生の中で自分の家族が依存症になった場合
本人も含めて、それを取り除きたいという反応になるのが通常です
クライシス(危機)に直面した時、大抵、人はそうなります
___________________________________________

しかし、依存症になるには、その過程があるのです
依存症は取り除くようなものではありません
それは中々思いつかなかったことではないでしょうか?
___________________________________________

それまでの生き方が原因になっているとは考えもしなかったかも知れません
___________________________________________

人の生き方にはシステムとなったパターンがあります
___________________________________________

あなたの何かが癒される必要がある
あなたは何かに耳を傾ける必要があるのです
___________________________________________

より大きな喜び得たいなら
より大きな悲しみを受け取る器がいる
___________________________________________

より大きなエネルギーが欲しいなら
より大きな癒しのためのエネルギーも必要なんです
___________________________________________

現在は、この世界のうつりかわりによってできた光景ではなく
あなたがどれだけ自分を愛してきたかの光景として、今があります
___________________________________________

依存症を通して
自分のスピリットが自分を通して、どれだけ輝けるかが依存症からの回復の方向性だとワンネスグループは考えています
___________________________________________

自分との深いつながりの中で
大きく突き抜けていくこと
___________________________________________

自分を生きることがワンネスグループの目指す人間的成長です
___________________________________________

あなたの人生に、より調和やバランスを保つために他の何が必要なのでしょうか?
___________________________________________

あなたはこれからどこに向かうのでしょうか?
___________________________________________

もし、あなたが自分の人生に満足していないなら、あなたがやっていることはそこにたどり着くにふさわしいのです
___________________________________________

もし、あなたが自分の人生に満足しているなら、あなたがやっていることはそこにたどり着くにふさわしいのです
___________________________________________

そして、アインシュタインはこんな言葉を残しています。
「何も間違ったことがない人は、何も新しいことをやったことがない人である」
___________________________________________

依存症は間違いなのではなく、その方法しか知らなかった人が体現した世界
___________________________________________

そして、体現する世界を変容を通して変えていくのが、最もパワフルで肯定的な依存症からの回復です
___________________________________________

新しいやり方で世界を創り出すのが回復です
___________________________________________

ご家族も同じです
___________________________________________

体重が27キロになるまで自分を見捨て続けたマキ
___________________________________________

彼女はワンネスグループの回復プログラムを経て、今ではスタッフになっています
___________________________________________

ミヤネ屋に生出演したことで本当に多くの共感をいただき、今ではTV出演の機会が増えてきました
___________________________________________

放送された、彼女の、その言葉や在り方は誠実で飾らない正直なものでした
___________________________________________

だからこそ、こうして温かいメッセージを頂いているのだと思います
___________________________________________

覚せい剤とギャンブルで人生を破壊してきたあの時のマキからは遠ざかり、今では「キラキラ輝く女性になる」という新しいビリーフ(信念)によって今を生きています。
___________________________________________

ビリーフの目的は、リアリティを作ることです
現実を構築することが信念(ビリーフ)の素晴らしい効果です
ビリーフの機能とは結果を確認するのではなく、こうして現実を作っています
___________________________________________

ワンネスグループのプログラムを受ける前のマキのビリーフは否定的なものばかりでした
___________________________________________

私なんか幸せになってはいけない

汚れた世界が似合う女

薬物が私を幸せにしてくれる唯一の物だ
___________________________________________

そういうビリーフを持っていたマキ
___________________________________________

そんなマキは新たな方向性を見出し、現在も回復している姿、女性の支援施設フラワーガーデンがあるということの紹介で取材が入っています
___________________________________________

マキは言います
___________________________________________

私はもう腐っていない
薬を使っている人は、どうせ誰も自分のことをわかってくれないと思う人が多いけど、あなたはひとりじゃないよって伝えたい、安心があるよ、こっちにはって
___________________________________________

だからこそ、人と関わるときに大切にしていることがある
___________________________________________

それは、自分の良心と繋がって話すことと、あとは感謝と繋がりながら、正直な自分でいたいし、自分にも嘘をつきたくない
___________________________________________

相手に好かれたいからと言って、嘘はつきたくない
誰かを傷つけることも、もうしたくない
相手を傷つけたら、自分も傷つくから
だから自分はしたくない
___________________________________________
ここでプログラムを受けていたら、絶対に幸せになれる自信がある
それは先行く仲間が見本を見せてくれるし、繋がった新しい仲間に芯が強いと言われるとなんだか凄く嬉しい
___________________________________________
過去苦しんだ依存症だった自分に向かって
ワンネスと繋がらせてくれてありがとうと伝えたい
___________________________________________

過去は人に嫌われたくないというのが、本当に大きかった。今でも意識しないと嫌われないように動いてしまうこともある。でも、今はワクワク・ドキドキすることの方が多い。過去とは、真逆。
___________________________________________

今はキラキラした女性になるために色々な体験を積んでいきたい
___________________________________________

少しずつ学びながら失敗という学びの機会を通して未知の世界に行けるのが、ワクワクする。
___________________________________________

今日頑張る理由は、明日の自分のために
今、芯があるのは、昔の芯とは違って、自分のための芯
___________________________________________

S__337559561