依存症経験者の視点で「生きやすい」社会づくりを目指す ONENESS GROUP ワンネスグループ

依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00
  • HOME>
  • 活動ブログ

ワンネスグループ活動ブログ

2016.04.30

奈良弁護士会 役員就任披露宴パーティーの席で 

先日、奈良弁護士会役員就任披露宴パーティーに参加させていただきました。
___________________________________________
初めて招待状をいただいたのは朝守弁護士が会長になられた時だったと記憶しています。
___________________________________________
朝守先生とはもう12年のお付合いになります。事務所に伺い、ヴィジョンを聞いていただいていました。
___________________________________________
あの頃は壁もない、お風呂もない、施設とはどれだけ無理をしても言えないような物件で、寒い夜を一人過ごしていました。朝起きたら息が白く震えながらの生活。クロスも張っていない天井の石膏ボードを眺めながらも、それでもワクワクしていたのを昨日のことのように覚えています。
___________________________________________
壁にぶら下がっている1ヶ月のスケジュールは25日の列に「家賃支払い」とだけ書いてありました。
___________________________________________
鳴らない電話
___________________________________________
パソコンもテレビもない
___________________________________________
カーテンもない
___________________________________________
あるのは冷蔵庫と電話機だけ
___________________________________________
そんな時、今年から会長になった佐々木弁護士が所属している奈良総合法律事務所の改装工事に伴い、代表者の内橋弁護士から、たくさんの家具をいただきました。
___________________________________________
なんと、その時のデスクが今年から会長になった佐々木弁護士のもの。
___________________________________________
弁護士のデスクですから、大きくて貫禄のあるものでした。電話機を置き、椅子に座りながらちょっと誇らしげになった自分のことを今でも覚えています。
___________________________________________
依存症回復施設なのにスタッフは一人だけ
___________________________________________
依存症回復施設なのにクライアントはゼロ
___________________________________________
依存症回復施設なのに運営するお金もない
___________________________________________
9ヶ月目にしてやってきたクライアントはすぐに怒っていなくなりました。
___________________________________________
良くここまでやってきたなと不思議な気持ち
___________________________________________
それから毎年役員就任披露宴に招待いただき、数回目に参加した際のことです。
___________________________________________
奈良検察庁検事正 奈良地方裁判所長 奈良県知事に続き、奈良市長の仲川げんさんの祝辞でのことでした。
___________________________________________
仲川市長の5分の挨拶のうち、4分30秒にわたり大きな声でワンネスグループの活動と矢澤祐史の生き方について紹介してくれました
___________________________________________
もちろんのこと、参加されているのは近畿圏において各界の著名な方たちばかり。参加しているだけで緊張していました。
___________________________________________
こうして、ワンネスグループの今の活動が表に影に皆様のお力添えで充実してきたのです。
___________________________________________
ありがとうございます。
___________________________________________
今のワンネスグループにはクライアントが150名弱
___________________________________________
スタッフも50名弱
___________________________________________
奈良の施設は3箇所に増え、名古屋、沖縄と法人も施設も増えて活動の幅も質も大きく変化しました。
___________________________________________
今日はこのブログを読んで下さっている皆様と、ワンネスグループのスタッフとクライアントの皆に、マリアンウィリアムソンさんの言葉を紹介したいと思います。ワンネスグループは足を引っ張り合うのではなく、お互いに支え合う世界を目指しています。皆が自分自身と深く繋がることで平和が広がっていくと信じています。
___________________________________________
人生の色々な場面で私たちを前に進めなくするもの、それは私たちの抱いている「恐れ」です。でも、その「恐れ」をよく見てみると、その「恐れ」は、自分が思っていたものとは違うものだったりします。
私たちが最も恐れているのは、自分の無力さではありません。とてつもなくパワフルな自分を一番恐れているのです。私たちが怯えているのは、自分の闇の部分ではなく光としての自分なのです。
自分ってどういう人なのか?と自問してみた時、聡明で、輝かしく、才能に溢れ素晴らしい人間だなんて思えるでしょうか?本当は、あなたがなれないものは何もないのです。あなたは神の子だからです。自分を過小評価して生きたとしても世界に貢献することはできません。周りの人に不安を与えないように縮こまって生きていても誰のためにもなりません。
輝く子供達のように私たちはみな、光り輝く存在なのです。内なる神の栄光を表現するために私たちは生まれてきたのです。神の栄光はだれか特定の人だけにあるものではありません。私たち一人一人みんなの中にあるのです。そして、私たち一人ひとりが輝けば輝くほど、何も言わなくても「みんなも輝いていいんだよ」と伝えることになるのです。
私たちが自分の恐れから解放されれば、私たちが存在するだけで他の人々も自然と恐れから解放されることになるのです。だから、自分の恐れを乗り越えることは聖なる神の仕事なのです。それはあなたのためだけでなく世界中の人々、みんなのためになるのです。
___________________________________________
依存症回復のワンネスグループ相談ダイヤル 0120ー111ー351

カレンダー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新の記事

アーカイブ