心身の回復とウェルビーイングな生き直しをワンネス財団 ONENESS GROUP FOUNDATION心身の回復とウェルビーイングな生き直しをワンネス財団 ONENESS GROUP FOUNDATION心身の回復とウェルビーイングな生き直しを。

無料相談
ダイヤル

0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00
  • HOME>
  • 活動ブログ

ワンネスグループ活動ブログ

2016.05.03

広島刑務所へ愛すべき受刑者に会いにワンネスグループ 個人投資家で、会社経営をしている資産家

広島刑務所へ
__________________________________________
奈良から約2時間半かけて、広島駅に着き
その後、途中平和公園を通りながら、バスで広島刑務所まで。今までいろんな刑務所に面接や教育に行ってきたワンネスグループ。その中でも一番といえるくらいの綺麗な建物でした。
__________________________________________
S__171278344
__________________________________________
今日、面接した受刑者は58歳
三回目の刑務所、すべて覚せい剤…。
__________________________________________
個人投資家で、会社経営をしている資産家。
__________________________________________
過去にワンネスグループ以外の施設へ入所していた経験があり、その時はやめることが出来なかった。絶望していました。だから、まだワンネスで回復することの決断を渋っている状態。
そして、今回の受刑生活の中で懲罰が15回。
全てストレスによるもの…。
__________________________________________
いくつかの鍵付きの扉を開けてもらい、面接室へ。ワンネスグループは法務省と連携を取っているのでこうして、本来なら不可能な刑務所内まで入ることが許されています。
__________________________________________
僕らの顔を見るなり、様々な不安(家族の事、お金の事、仕事の事…)を、決壊したダムのように矢継ぎ早に話し始めた。自分ももちろん悪いけど、ほぼ家族のせいでこうなったとか。今度は覚せい剤を使わずにやり直せるとか…良くある愛すべき依存者の反応でした。薬物依存症者特有の正当化と否認というもの。
__________________________________________
いつも、刑務所での面接は、我々の過去の自分と向き合わさせてくれる。
だから、過去の自分と和解するように、今後ファミリーになるであろう大事な相手に対し、目を見て話をし、回復のプログラムを受けることを促すことができます。薬物依存から回復することが先決だと…。
__________________________________________
今日もそうして、彼との時間を過ごした。一人で考えて混乱している問題を、僕たちは紐くサポートが出来ること、そして、どんなにストレスを感じたとしても、覚せい剤を使わずに生きて行く素晴らしい方法があること。ワンネスグループのことを説明し、どうしたいか、彼の心に問いかけてきました。
__________________________________________
最終、彼は自身の命を正す決断をし、ワンネスに行きますと言ってくれました。
__________________________________________
決心した後の人の表情は、とても美しい。
__________________________________________
かたく握手をして、待っていることを伝えて彼の背中を見送って別れました。
この先、無事故で仮釈が貰えることを祈ります。
__________________________________________
ワンネスグループのスタッフ含め利用者はいつだってこうした美しさに出会うことができる
__________________________________________
ワンネスグループは、依存症が原因となって触法行為をくり返してしまう方を適切な生き直しへと導くことを目的に、こうした取り組みもしています。
__________________________________________
それは、覚せい剤事犯だけではありません。
窃盗や横領などの犯罪の陰には、ギャンブル依存の問題が隠れているケースが多数あります。また違法薬物に所持や使用、アルコールに関係する事件などで、刑事処分を受けた後に再び犯罪を起こしてしまう事も珍しくありません。
__________________________________________
罪を犯してしまう主な原因は、依存症が隠れています。再犯防止にとって、依存症からの回復は必要不可欠となります。
__________________________________________
何よりも牢獄なのは依存症の泥沼で呼吸している状態です。
__________________________________________
S__171278342

最新の記事

アーカイブ