心身の回復とウェルビーイングな生き直しをワンネス財団 ONENESS GROUP FOUNDATION心身の回復とウェルビーイングな生き直しをワンネス財団 ONENESS GROUP FOUNDATION心身の回復とウェルビーイングな生き直しを。

無料相談
ダイヤル

0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00
  • HOME>
  • 活動ブログ

ワンネス財団活動ブログ

2016.05.18

ワンネスグループ キャンプアウト 沖縄の大自然に抱きしめられ、自分に出逢う旅

依存症回復のワンネスグループ キャンプアウト
__________________________________________
沖縄の大自然に抱きしめられ、自分に出逢う旅
依存症からの回復は、生死にかかわるほど真剣なものですが、ユーモアや人とのつながりや笑いがなければ乗り切れないということ
__________________________________________
大自然の壮大さからくる癒しのエネルギー、仲間と一緒に過ごす時間からもらえる魂の充電
__________________________________________
回復にとって、遊び楽しむ事の重要性は体験から学びとらなければ手にすることはできません。閉ざされた心に新しい考えを植え付けることはできません
__________________________________________
そして、何よりもワンネスプグループ沖縄には海があった
__________________________________________
改めて学ぶこと、それはアディクション(依存)をやめてよかったということ
__________________________________________
それと、お互いに支え合うことの大切さ
__________________________________________
アディクションは複数のレベルを持った現象で、異なるレベルの複雑な問題に、異なる介入法を用いることがそれぞれのクライアントの「答え」になるという理解がワンネスグループの流儀
__________________________________________
クライアントが主体となってキャンプを計画、キャンプコミティを結成し、行き先、宿泊施設、どんなプログラムをしたいのか、それぞれが意見を出し合い、何ヶ月も前からプランを考えてきました
__________________________________________
今回の目的地は名護の屋我地島に決定
__________________________________________
S__19275860
__________________________________________
シュノーケリングや釣り、キャンドルを使った野外でのグループセラピー

様々なプログラムが計画されました。
__________________________________________
キャンプ当日
まるで今まで頑張りを見ていてくれたかのように晴天に恵まれました。
__________________________________________
車で走ること1時間、沖縄県北部にある屋我地島に到着。キャンプ場の目の前は壮大に広がる海、多くの仲間が「うわー綺麗!」と景色に圧倒されてました。
__________________________________________
ワンネスプグループ沖縄の夕食はBBQ、キャンプの定番ですが男20人以上となると食材が想像以上にあり、準備するのも一苦労です。
__________________________________________
キャンプパート2_2192
__________________________________________
S__19275859
__________________________________________
普段からしっかりしているスタッフのお茶目な姿を見て、「意外な一面を見れてとても嬉しいです」と言っている仲間もいました。
__________________________________________
食事後は星がキラキラ光る下でのグループセラピー。これもキャンププログラムでしか味わうことのできない、体験かもしれません。
__________________________________________
S__19275856
__________________________________________
S__19275848
__________________________________________
グループワークが終わっても海辺でフェローシップをとる仲間や、夜釣りを楽しむ仲間もいました。就寝時は全員揃って雑魚寝でしたが、学生時代を思い出した仲間が多く「あの頃の楽しい気持ちをまた感じることができて幸せだ」「どこか懐かしく感じる」様々な思いを感じることができたようです。
__________________________________________
2日目、晴天に恵まれ気温は30度超えです。朝一番に起き、仲間の朝食準備をするスタッフの姿がそこにはありました。
腹ごしらえが済んだ仲間は海に出てシュノーケリングを楽しみました。普段見ることのできない魚を目にしたり、魚を捕まえた仲間もいました!
楽しい時間はあっと言う間に過ぎ、お腹を空かせた仲間はカレーを腹いっぱいに食べてました。
__________________________________________
その後もシュノーケリングを楽しむ仲間やキャッチボールを楽しむ仲間、運動が苦手な仲間も参加し一体性をもって取り組むことができました。
__________________________________________
キャンプパート2_4822
__________________________________________

過去、食事もまともに取らず、アディクションに明け暮れてた姿とは違い、たくさん食べ、たくさん笑い、健康的な体験を積み重ねています。
__________________________________________
キャンプパート2_9341
__________________________________________
食事後は「もう終わってしまうのか、あっと言う間だったなあ」という寂しさを感じながらも清々しい表情をしている姿が印象的でした。
__________________________________________
キャンプパート2_1501
__________________________________________
夜のグループワークではキャンドルを使いました。これも手作り。手作りなので、一人一人の個性があり、どれも素晴らしかったです。夜空に光る無数の星のよつに、仲間のキャンドルは赤く美しくキラキラと輝いてました。

ワンネスプグループは依存症からの回復支援団体です。依存症は回復できる、ワンネスプグループは生き証人を何人も排出しています。