心身の回復とウェルビーイングな生き直しをワンネス財団 ONENESS GROUP FOUNDATION心身の回復とウェルビーイングな生き直しをワンネス財団 ONENESS GROUP FOUNDATION心身の回復とウェルビーイングな生き直しを。

無料相談
ダイヤル

0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00
  • HOME>
  • 活動ブログ

ワンネス財団活動ブログ

2016.08.17

依存症治療共同体ワンネスグループ副代表三宅による、米・IGCCB(国際認定ギャンブルカウンセラー認定委員会)代表へのインタビュー 「ギャンブル依存症回復支援の未来に向けたメッセージ」

先日、ニューヨーク州タリータウンで開催された、第30回全米問題ギャンブル協議会(NCPG)年次総会。
__________________________
私ども依存症治療共同体ワンネスグループより参加した、副代表の三宅による現地レポートに続き、現地で収録した二人のキーパーソンへのインタビューの模様をお届けします。
今回は、初日のプレゼンテーターを務められたIGCCB(国際認定ギャンブルカウンセラー認定委員会)代表のロリーン・ルーグル博士。
__________________________
IGCCBは、1984年に設立された、ギャンブル依存症カウンセラーの資格認定組織で、米国内外でもっとも広く認められた専門機関です。ギャンブル依存症の研究者を中心に組織され、ギャンブル依存症に特化しつつ、病気の治療を包括的にカバーした、世界に類を見ないプログラムを開発しています。
__________________________
依存症治療共同体ワンネスグループは、IGCCBとパートナーシップの合意書を交わし、IGCCBの資格が認定できる、日本で唯一の団体として、国内での普及に努めています。
__________________________
平成26年秋から資格試験の導入に取組み、博士による直接の講義を実施、まずは我々スタッフ自ら、日本におけるICGC(国際認定ギャンブルカウンセラー)Ⅰの認定カウンセラーを目指しています。その後ワンネスグループ内でのギャンブル依存症者支援の様々なケースについて、ルーグル博士より貴重なアドバイスが与えられ、我々にとって新しい気づきをいくつも得ることができました。
__________________________
そこから1年余り、今回の再会を機にワンネスグループのスタッフに向けてメッセージをいただきました。
__________________________
「皆さんが日本の認定ギャンブル問題カウンセラーの第一世代になることは本当に素敵です。
病気、クライアントとの接し方、そしてケアの連続体の戦略開発について、私たちは多くの時間を割いて学びました。
その結果、皆さんは今後次の世代にその知識を手渡していけるようになります。
つまり、日本でギャンブル問題のカウンセリングシステムを一から全て構築しているということになります。
また皆さんは、日本でギャンブルが特に大変な問題であることを私自身が学ぶことも助けてくれました。
そして、皆さんのクライアントにとって本当に効果のあるプログラムを作るために、お互いの知識を持ち帰りました。
その後も、皆さん進んでハードワークに従事し今でも頑張り続けておられます。
ですから皆さんとの関わりについては感謝の一言です。本当に苦しんでいる必要としているものを届けるために今後も協力し合っていきましょう。」
__________________________
優しい人柄とその物腰とは裏腹に、毅然としてギャンブル依存症問題と向き合って来られた博士。その彼女と直接関われたことで、我々も大いに学ばせていただいています。
__________________________
そしてこのメッセージをいただいた後、国際カウンセラー認定資格の日本への正式な導入について来年のNCPG総会にてIGCCBと依存症治療共同体ワンネスグループの共同発表をする方向になったというとても光栄なサプライズをいただきました。
__________________________
依存症治療共同体ワンネスグループは回復支援に繋がるあらゆる可能性をこれからも世界中に目を向けて探求してまいります。
__________________________
インタビューはこちらです