依存症経験者の視点で「生きやすい」社会づくりを目指す ONENESS GROUP ワンネスグループ

依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00
  • HOME>
  • 活動ブログ

ワンネスグループ活動ブログ

2018.12.15

〜 依存症問題解決に心理学の力を 〜 カウンセラー養成校で依存症セミナーを開催

今回の活動ブログは、大阪市内のカウンセラー養成校で先日実施された「出張版 依存症を知るセミナー」について。
 
グループの心理カウンセラーで東京・横浜オフィス担当の片桐淳が、心理カウンセリングの既習者を対象としたセミナーの様子についてレポートします。
 

 
======================
 
依存症の理解促進を目的に全国各地で開催している、ワンネスグループの「依存症を知るセミナー」。
 
今回は、多くの心理カウンセラーを輩出している、「日本心理カウンセラー養成学院(JTC)」様に赴き、依存症について伝えに行ってまいりました。
 

 
 
日本における依存症回復支援は、医療機関ばかりではなく、依存症当事者(経験者・回復者)が多くを担っている実態があります。
 
現在苦しんでいる方々にとって、かつて苦しみを切り抜けた経験がある当事者からの支援は、何にもまして必要だということは、これまでの実績が示しています。
 
その一方で、回復のための資源は当事者以外の支援からも得られます。ご家族、大切な人との出会いや別れという出来事、その人の性格、置かれている環境…
 
そして、「こころの問題」でもある依存症は、心理の専門家からの支援も有効であるとワンネスグループ は考えます。
 
実際海外に目を向けると、多くの国々で心理の専門家の支援が一般的に行われています。
 
そこで、依存症の支援の一翼を担っていただくため、心理カウンセラー養成の名門校であるJTCの卒業生の方々に説明を行った次第です。
 
 
今回のセミナーは、「依存症も心の問題である」ということと、「依存症者は身近な存在である」ということの理解を広げる目的があり、その為にも「依存症者の人となり」を伝える必要があると、企画者である私は考えました。
 
依存経験者でもあるワンネスグループスタッフは、各施設での様々な業務や講演、出張などで多忙なのですが、今回は講演やセミナー経験豊富な3名のスケジュールが揃いました。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 

 
まずは、ワンネスグループ共同代表の三宅隆之より、依存症が起こる原因など全体的な説明と、三宅自身のこれまでの人生を話してもらいました。
 
 

 
次に話をしたのは、ワンネスグループ副代表で女性の依存症と生きづらさからの回復支援施設「フラワーガーデン」代表のオーバーヘイム容子。
 
女性の依存症についてと彼女自身の人生の話をしてもらいました。
 
感情を感じやすく、人間関係を重視する傾向がある女性にとって、心理カウンセリングは特に有効であると考えます。
 
 

 
最後に、薬物依存症回復支援施設「GARDEN奈良」のディレクターである酢谷映人より、彼の今までの人生をアツく語ってもらいました。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
参加された皆さまからの感想を一部ご紹介すると…
 
●依存症である状態とそうでない状態というものは紙一重であるということを実感できた。自己治療ができるかできないか?そこが重要と思う。
 
●お三名の体験談をお聞きでき、とても貴重な経験をさせていただきました。まずは自分を愛する事、楽しむ事が大切という言葉がとても胸に響きました。ありがとうございました。
 
●今まで依存症と全く関わりのないところにいたので、今日お話が聞けて良かったです。「自分を愛したい人」。同じなんだなと思いました。すごく良かったです。
 
●依存症になるプロセスから回復する話を1から10まで聞けるのは初めてだったので、すごく為になる時間が過ごせました。とても良かったです。ありがとうございました‼︎
 
●依存していくキッカケ、動機、どうしてやめられないのかという点を当事者の体験から伺えたのが良かったです。
 
・・・などなど。私も何度も3人の話を聞いていますが、毎回気づきが得られます。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
さて、質問や次回への要望についても承りました。一部をこちらで回答させていただきます。
 
Q:カジノを誘致する一方で対策を実施することは必要かもしれないが、矛盾も多いと思う。それに対してどのような見解を持っているか。
 
A:ワンネスグループ は、回復の過程で「(ギャンブルやアルコール、薬物などの)依存対象が存在していたから、私の人生が崩壊してしまったのだ」「ギャンブルやアルコール、薬物などが存在し無ければ、私の人生は狂わなかったし依存症にはならなかった」などとは考えません。趣味程度、嗜み程度にコントロールできる人たちも存在しますし、依存対象の使用によって何とか生きることができたという感想を語る当事者もいます(その結果、命を縮めることにも繋がったのですが)。
 
カジノの導入によってギャンブル依存症者が増えるかも知れないという懸念がありますが、ワンネスグループとしては「この機会に根本的な依存症対策を実施していくことにより、むしろ依存症者の増加を抑え、減少へ導く可能性すらある」と考えています。
依存症(によって発生する様々な問題)は、もともと自身が抱えていた心の問題が顕在化した・・・もともと抱えていた生きづらさがたまたま出会っていた依存対象と結びつき問題を起こしていくに至った、ということ。
カジノ導入の是非に左右されず、実効性のある依存症対策を今すぐ始めることが大事であると考えています。
 
 
Q:肉体的、精神的な離脱症状としてどういう事があるのかという事が知りたいと思いました。
 
A:依存対象によって、様々な離脱症状がありますが、基本的には「その依存対象によって得られた効果と逆の症状が強く現れる」と言えると思います。リラックスする薬物の場合、不安や焦り、興奮の場合は倦怠感、眠気などです。
 
・・・詳しくは次回のセミナーでお話しさせていただきます!
 

 
 
そのほか、
 
・依存症の支援や共存の仕方を具体的に教えていただきたいです。
 
・援助する側における心の内面の動きはどのようなものか?
 
・施設におけるカウンセラーの役割や求めていることなど。
 
・ワンネスグループ での活動や心理カウンセラーとしてできること。
 
・具体的な治療方法、事例について。
 
・最初に会うときに気をつけていること。
 
・いろんな種類の依存症の話が聞きたいです。
 
・第三者として依存症と向き合い、どういう位置で支援していくか。
 
・依存症になった事がない人が、どうやって関わっていけるのか。
 
・JTCと合同で何か講義的なこともあれば良かったのではと思いました。
 
 
こちらも、次回なるべくお答えいたします。
 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
出張版セミナーは、来年1月に第2弾を開催します。
 
日時:1月24日(木)13:00~16:00
場所:日本心理カウンセラー養成学院 大阪校
講演者:矢澤祐史(ワンネスグループ 創設者)、片桐淳(同 心理カウンセラー)
 
ご遠方の方、時間の都合のつかない方は、後日動画でご覧いただく事ができます。その場合も、限定公開のURLをお伝えする為、お申し込みが必要です。
 
講演者は、ワンネスグループ の創設者である矢澤祐史が満を持して登場。
 
こういう場ではなかなかお目にかかれません。どんな想いでワンネスグループを作るに至ったか、彼自身の人生の話、そしてこれからの日本の話を語ってもらいます。
 
さらに私片桐が、上記のご質問も踏まえ、心理学的な側面から依存症の方へのカウンセリングなどをお話しさせていただきます。
 
「今回のセミナーに参加できなかったけど、次回は申し込みたい。ついでに今回のセミナーの動画を見たい」という方。お申し込みの際にその旨をおっしゃっていただけますと、URLをご案内致します。
 
 
◆参加申し込みは、「日本心理カウンセラー養成学院」まで。 
 
【申込方法】
1)学院のWEBサイト内各種講座「申込フォーム( https://jtc-web.jp/short_form/ )」に送信をお願いします。
 
※ WEBサイトの「申込みフォーム」からのお申込みの場合は下記3点をご入力ください。
・申込講座=「その他」を選択し、「依存症を知るセミナー」と入力してください。
・申込拠点=「大阪校」を選択してください。
・クラス=「木曜クラス」を選択してください。
・時間=「その他」を選択し、【選択肢の中から希望の日時】を入力してください。
・備考欄=「ワンネスグループ」とお書きください。
 
2)お振込みは不要です(参加無料)。
 
 
「興味はあるが行くことができない…」という方に、動画配信も実施します。
 
配信視聴をご希望の方は、上記申込方法の申込拠点で「その他」を選択し、「ウェブ配信」とご記入ください。
※後日メールにて視聴用URLをご案内致します。
 
 
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
【全国各地で開催 ~ 依存症を知るセミナー ~】
 
知ることは防ぐこと、知ることは解決への一歩』をキャッチフレーズに、
依存症を経験したワンネスグループのスタッフたちが自身の経験、
施設での回復支援経験などをもとに、当事者の視点で依存症を語ります。
 
また、セミナー相談後は相談対応を行います。
 

(画像をクリックすると、全国のセミナー情報がご覧いただけます。)
 
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
【ワンネスグループの依存症相談窓口】
~ギャンブル・アルコール・薬物などの依存でお困りの方、ご家族の方へ~
 
自身の依存経験と支援経験、そして専門的知識を持ったスタッフが対応します。
ご相談の秘密は守られます。安心してご相談ください。
 
<依存症相談ダイアル>
電話番号(通話料無料):0120-111-351 (受付時間:月~金曜日/10時~17時)
 
<依存症sosメール相談>
下のバナーをクリックすると相談フォームにリンクします。(24時間365日送信可能)