依存症経験者の視点で「生きやすい」社会づくりを目指す ONENESS GROUP ワンネスグループ

依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00
  • HOME>
  • 活動ブログ

ワンネスグループ活動ブログ

2019.07.25

青い海!広がる空! ~沖縄・奥武島でのグループワーク~

今回の活動ブログは、沖縄から夏の便りです!
 
セレニティパークジャパン沖縄 南城依存症ケアセンタースタッフの中垣内雄大が、沖縄ならではの野外プログラムをレポートします。
 

 
===================
 
ワンネスグループ沖縄の南城施設(南城依存症ケアセンター、沖縄GARDEN)の近くには、沖縄でも有名なレジャースポット「奥武島(おうじま)」があります。
 
奥武島は沖縄県南城市の南端に位置する周囲1.7kmの小さな島で、晴れた日には海がエメラルドに輝き、近所の子どもたちの笑顔が溢れています。
 

 
島内はのんびりとした雰囲気の島で、新鮮な魚を安く買えたり食事もできます。まさに南国気分を味わうにはうってつけのスポットといえるでしょう。
 

 
私たちの施設では、午後から依存症回復のワークを受講するための枠が設けられていますが、距離的に近いこともあり、時折この奥武島に出かけてワークをやることもあります。
 
南城依存症ケアセンターから車を走らせること10分。短い橋を渡ると、そこはもう奥武島です。
 
ワークの内容は様々です。のんびりとした自然の中で、今抱えている課題や悩みを分かち合うシェアリングやグループワークを行うこともあります。
 
開放的な環境の中で自分を見つめ直すと、屋内では得られなかった気付きを得られることもあり、クライアントさんからは好評を頂いています。
 
それ以外にも、施設の別プログラムであるプレジャー(集団での余暇活動)に似た形式をとり、散策や海水浴を楽しんで頂いたりもします。形式的なプログラムよりも、リラックスした雰囲気の中で仲間と雑談したり遊んだりする方が依存症からの回復に効果的である場合もあります。
 

 
奥武島では天ぷらが名物であり、ワンコインでサクサクの天ぷらが食べられます。クライアントさんもよく買っており、食事をしながらお喋りを楽しんだりもします。
 
 
 
アディクションに溺れていた頃は、外に出ることもなく、お酒や薬物、ギャンブルに耽り続ける日々を送っていた、という方も少なくありません。
 

 
今回のようなワークは、のんびりとした南国の雰囲気の中でリラックスして頂き、「アディクション以外にも楽しいことがあるんだ」ということを再発見して頂くことが狙いです。
 
沖縄は四方を海に囲まれているため、ワンネスグループ沖縄ではこのように風土を活かしたプログラムを多数提供させて頂いてます。
 
ご興味のある方は、電話やメール相談などを受け付けておりますので、いつでもお問い合わせください。
 
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
◆ セレニティパークジャパン沖縄 活動ブログ「ティーダカンカン」はこちら!
(画像をクリックするとブログページに移動します。)

 
◆ セレニティパークジャパン(奈良・沖縄・名古屋) 施設ホームページはこちらから!
(画像をクリックするとホームページに移動します。)