依存症経験者の視点で「生きやすい」社会づくりを目指す ONENESS GROUP ワンネスグループ

依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00依存症相談ダイアル0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00
  • HOME>
  • 活動ブログ

ワンネスグループ活動ブログ

2016.04.30

元アメリカ合衆国訟務長官補 推薦 NLP 共同開発者 推薦

Mandala of Being TM Deep One 認定コース

10月27日(木)28日(金)29日(土)30日(日) 東京

国際ファッションセンター ROOM 111
東京都墨田区横網(よこあみ)1丁目6番1号
主催 ワンネスグループ

本質的な変容のためのディープワーク

アメリカの大企業経営者や著名なリーダーたちが師と仰ぐ、知る人ぞ知る「生き方」「存在」「スピリチュアリティ」のマスター、リチャード・モス医師来日。
マンダラ・オブ・ビーイングTM ディープワン 認定コース 初開催

あなたは幸せな人生を生きていますか?
満ちたりた、満足の暮らしを送っているでしょうか?

もしあなたが、この質問に ”YES!” と答えられないとしたら、
あなたは、いま、どんな人生を送っているのでしょうか?

人生が思うようにいかない。
生きづらく、苦しさを抱えている。
人間関係に困っている。
経済的なゆとりがない。
悲しい出来事ばかり起こる。

または、

もっと豊かになりたい。
人間的に成長したい。
社会的に認められたい。
もっと自由が欲しい。
自分の理想を生きたい。

自分の思うように生きられていない。
今よりも、もっとよりいい人生を生きたい。

いずれにしても、今という状況には満足していなくて、
人生をなんとか変えていけたらと感じている人は多いかも知れません。

よりよく生きるために、また、今という苦境を脱出するために
あなたにできることは何でしょうか?

自分の環境や状況が、もっとこんなだったらうまくいったのに。
あの人のせいで、自分は苦しめられている。
もっと若かったら、こんなことができたのに。

などと、ついつい自分の人生の状況を
周りの環境や他人のせいにしてはいないでしょうか?

いまの自分の人生を創り出しているのは、誰かのせいでも、
あなたの生きている環境のせいではないとしたら。

もちろん、人生は、自分が望むと望まないに拘わらず、
いろんな状況があなたの人生の訪れます。
それはあなたの運命なのかも知れませんが、
その状況が、例えどんな状況であれ、
あなたはあなたの人生を、あなたが望む人生へと変えていくことが可能です。

なぜなら、あなたの人生は、本質的に、
あなた自身がすべてを創造しているからです。

これは、とてもスピリチュアルな領域での哲学的な理解ではありますが、

つまり、あなたがすべてを創造しているとしたら、
あなたは、あなたの状況をすべて再創造することができるということでもあるのです。

そのためには、いまのあなたが変わる必要があります。
しかし、そのために大変な努力をしなければいけないわけではありません。

変化は内側から起こります。
そのために必要なのは、内なる変容、変革です。

いま、あなたが見ている世界、信じている世界観が変わることで、
あなたのビリーフが変わり、あなたの創造している世界も変わっていきます。

リチャード・モスの「マンダラ・オブ・ビーイングTM」(存在のマンダラ)は、
今のあなたの人生を深く見つめ直し、本来の自分を生きるために、
いまこの瞬間の自分を取り戻し、生きるための気づきを得て、変容できる方法です。

『自分がどんな人間かは、この瞬間に始まる』

今というこの瞬間が、あなたに力を与え、輝きを与えます。

「マンダラ・オブ・ビーイングTM」は、「今」を中心に、過去と未来、あなたと他者のストーリーを上下左右に、まさにマンダラのような位置関係に配置して、それぞれのポジションに移動しながら、メンタルスペース心理学の方法を応用して、クライエントが、セラピストのサポートを受けながら自分を深く見つめていきます。

例えば、あの時、あんなことが無かったら、私はこうだったのに。
このような後悔や怒り、悲しみという思いから離れられないことは、過去の思いの中にあり、過去にしがみついて、今を生きていません。

また、こんなことが起こるかも知れない、こうなるのは怖いと、いつも先の不安を抱えて生きる事は、あなたはありもしない未来の中に生きているわけです。

また、私たちには、生き方のストーリーがあり、そのストーリーを創造しながら生きているとも言えます。
ストーリーとは、言うなれば、信じている世界だったり、信念=ビリーフ、文化とも言えるかも知れません。このストーリーとは本当の自分、今この瞬間の自分自身が発信しているものなのでしょうか?
私たちが信じている世界は、幼少期からの育った環境や親によって、アイデンティティが形成され、それを自分が世界を見るメガネとして、フィルターとして、それを通して見ています。
そのために、その信念=ビリーフを元にしてしか、世界を見ること、理解することができず、結果、そのストーリーの世界を創造していくことになります。
そのストーリーは、誰かに与えられたものなのか、または、自身の過去の不快な体験から、物事を否定的に見てしまうようなストーリーを自分で創ってしまったのか。いずれにしても、他者の物語か、自分の物語を生きていることが多いのです。

今という瞬間、マンダラの中心から離れて、これらの思いやストーリーへと、本当のあなたから離れれば離れるほど、自分との繋がりを失っていきます。

自分は、そのままの自分でいてよい、命は贈り物だという感覚を今という瞬間の中で味わうことができます。
人生は、そのままで素晴らしい。この瞬間こそが、鮮やかで素晴らしいのです。

「マンダラ・オブ・ビーイングTM」は、自分が時間とストーリーの4つの方向の中で、どこを生きているのかを見つめ、本来の自分である「いまここ」の自分に戻るために、また、それらを認識し、手放して、本来の自分を発見するために、様々な角度からあなたという存在に光を当てて、人生や生き方を深く見つめ直していきます。

自分がどのようなビリーフを持ち、どのようなストーリーを生きているのかを、様々なワークによって知ることで、大いなる気づきが訪れ、不必要な思いや感情、生き方を手放して、本来のあなた自身を生きる「いまここ」に戻ることができます。

本来のあなたに気づくことで、あなたは変容し、あなたの世界、あなたの人生は、あなたのペースにおいて、本来の姿を表し、創造されていきます。

「マンダラ・オブ・ビーイングTM」は、あなたの「気づきの力」を再発見し、本来のあなたに戻るための本質的な変容のためのとても深いワークです。

「マンダラ・オブ・ビーイングTM」は、瞑想的な生き方を実践する方法であり、深い洞察の道具でもあります。

過去、未来、自分のストーリー、他者のストーリーの4つの基本的なキーワード以外に、ここにいくつかのキーワードを置くことで、さらに違う角度で、いまこの瞬間の自分を見出すこともできます。

4日間のディープワン認定コースでは、「マンダラ・オブ・ビーイングTM」の基礎的なコンセプトから人間存在の核心にいたるスピリチュアルな概念までを扱い、新たな信念体系を与えられるものではなく、参加者自身の気づきの中に、深い洞察と覚醒、発見が導かれるように、モス氏のお話や様々な実践的なワークを通じて、気づきの力が見出されるように、ガイドして行きます。

そして、あなた自身も、この「マンダラ・オブ・ビーイングTM」を使い、クライエントや他者をサポートしていくことができるようになります。

 モス氏は、生き方の教師として、また、ヒーラー、セラピスト、人間開発における卓越したマスターとして尊敬され、多くの人々に深い洞察を与えてきました。そして、人生をより自分らしく、本来の自分を生きることができるように、その人の生き方をサポートしてきました。その中には、数多くの著名なリーダーたちもいます。

 モス氏とのセッションや提供するプログラムによる自己変容、自己開発によって、自分の内側を深く見つめることができます。

自分は本当はどうしたかったのか?
何が必要で、何が必要でないのか?
自分が満たされていないことは何か?
なぜ、自分はこうしてしまうのか?
手放せないことは何か?
受け入れられないものとは何か?
なぜ、それができないのか?

など自分に問いかけ、普段の日常で見過ごしがちな自分の本来の欲求やニーズ、深い思いに気づいていきます。

 私たちは、日々を生きていく中で、とかく起こる出来事に無意識的に反応し、行動して、また、そこから起こる出来事にリアクションしていく中で、様々な感情を経験し、それがために、気持ちが混乱したり、思わぬ結果を招いてしまったりと、ついつい自分を見失ってしまう人生を繰り返しているかもしれません。
 それ故、生きづらさを感じたり、人生が思うように行かないと思い込んでいるかもしれません。しかし、本来の自分がどうしたいのかを理解し、不要なことを手放して、それを実現することができるなら、そこに喜びや満足を感じるでしょう。
 人は、本来、100%、自分が生きたい人生を生きて、幸せで、豊かに暮らしていいはずです。でも、そう生きられないとしたら、それはなぜでしょうか?

 モス氏のアプローチは、そうしたあなたの中にある、あなたがまだ気づいていないかも知れないニーズや欲求、手放せないでいることや自分を制限し、自分に許可を与えていないことなど、深く自分を見つめていくことで、本来の自分に気づいていくプロセスをサポートします。
 それによって、本来のあなたらしい生き方を選択でき、何者にも左右されない、生きたい自分を生きられるように、あなた自身の変容をガイドします。

 すべてのリソース=あなたの人生で必要な資源は、あなた自身の内側にあり、あなたはすでに持っています。
 多くの人はそれに気づかず、また、それが備わっていることを素直に認めないかもしれません。
 すべては、あなた次第です。あなたが自らの深い気づきの中で、開かれ、シフトし、新しい自分という人生のステージに至ることが可能です。また、それによって、あなたの生きる環境、人間関係なども同時にシフトしていくことでしょう。

 「マンダラ・オブ・ビーイング TM」は、自分の深い内的世界を探求し、変容を起こす「インナーゲーム」(心の中のゲーム)をマスターできるメソッドであり、プロセスと言えます。
 マンダラは、人々が「物語」や制限的信念を認識して乗り越え自己の気づきの力とつながる助けとなります。
 モス氏は、教師・ヒーラー・開発者のいずれとしても達人の域に達しています。

【マンダラ・オブ・ビーイング(存在のマンダラ)™ ディープワン認定コース】は、すべてのコーチやセラピストにとって実践の核として役立てられる必須アイテムです。
 
自分らしく生きたい。思うような人生を手に入れたいという方。
組織リーダー、経営者、アスリート、自己実現したい方、
また、こうした方々をサポートするコーチやコンサルタント、セラピストなど
人生を自分らしく、より良く生きたいと願う全ての人々に体験していただきたい、素晴らしいメソッドです。
 ぜひ、ご参加ください。

推薦
【ロバート・ディルツ氏 】
 リチャード・モス医師の「マンダラ・オブ・ビーイング(存在のマンダラ)™」は、他のメソッドでは入り込めない奥底の豊かな部分をカバーし、「インナーゲーム(心の中のゲーム)」をマスターできる素晴らしいモデルです。
 おそらく、私が経験したコーチングの中では、考え方やアイデンティティの点からみてもベストで、最もピュアなものです。
 マンダラは、人々が「物語」や制限的信念を認識して乗り越え、自己の気づきの力とつながる助けとなります。
 リチャードは、教師・ヒーラー・開発者のいずれとしても達人の域に達しています。
 「マンダラ・オブ・ビーイング(存在のマンダラ)™」は、すべてのコーチやセラピストにとって実践の核として役立てられる必須アイテムなのです。

ロバート・ディルツ NLP 共同開発者

著書:「NLPコーチング」「天才たちのNLP戦略」「信じるチカラの、信じられない効果」「NLPヒーローズ・ジャーニー(ステファン・ギリガンとの共著)」ほか多数

【ロバート・マーチン氏】
 私が、最初にモス医師とセミナーを行ったのは1998年でした。
 当時、私は、自分の会社がサックス・フィフス・アベニューを買収する計画を指揮していました。その取引を経て、私たちのビジネスは5万5000人の従業員を抱える会社としてフォーチュン200の仲間入りをしました。
 リチャードを通じて私は、従業員のひとり一人が、会社全体と切り離せないほど密接に結びついていることに気づきました。
 ギャザリングが終わったとき、会社の決定が、どのように自分の同僚たちに影響を与えるかについて、十分に考慮することを心に誓いました。
 それ以降、私たち両方の人生の重要局面において、リチャードは私の師であり続けました。
 もし、運命の知らせを聞いた結果、リチャード・モスにあなたの旅路を導くようにお願いされるのであれば、想像を超えた祝福が訪れることをお約束します。

ロバート・マーチン
ムーンレイクグループLLC 創業者
サックス株式会社 元上級副社長
元アメリカ合衆国訟務長官補

リチャード・モス氏(医師)について

 リチャード・モスは、開業医として営んでいましたが、1977年に自然発生的な啓示を経験しました。
 人間の意識や行動への理解が根本的に変容し、彼の人生はもう元に戻ることはありませんでした。
 これに続き、高次元の直観、心理的・スピリチュアルな教えへの細やかな洞察、人間の肉体―エネルギーの場を感知する能力などの新たな感覚を得ました。

 継続的な自己探求を要する新たな開きの強さにより、彼は、開業医の仕事で長期休暇を取り、ほぼ1年間は通常の活動から離脱することを余儀なくされました。
 この間に、彼は自然なかたちで毎日何時間も瞑想し、スピリチュアリティやサイコダイナミクス、そして、詩や神話の広範な書物を通読しました。
 とりわけ、彼は、自分の体を移動する新たなエネルギーの質とどのように思考が、即時的に情動や身体感覚を生み出すかを注意深く観察しました。

 この内省の時期により、最も忌まわしい人間の苦しみや紛争の根本原因が、二つの無知の基本的な形態から来ていることの理解が育まれました。
 思考(特に判断や信念)との無条件の同一視、次に脅迫的な気持ちを、意識的・脆弱的・創造的な形で関わらせる能力を、ほとんどの人が欠いている点です。

 また、彼は特に、夢を通じて、内なる師の存在も認識するようになりました。
 彼は、自分の夢が、この未知の領域を導いてくれていると気づきました。
 このようにして、彼は夢について研究し、熟考するようになりました。
 それが彼の教えの中核で、彼は、我々ひとり一人の中に宿る知恵に、大いなる尊敬を抱いています。

ティーチングワークを始める

 モス氏は、医療の世界には戻りませんでしたが、内科医として愛され続け、尊敬し続けるかつての患者の何人かは、彼の自宅でコンサルティングを受けていました。
 彼は隣で腰を下ろして、長時間黙って手を組み、話し合いから何が自然的に発生するかを見つめました。
 現地の心理療法家が、モス氏と瞑想していた彼女のクライアント二人の深い変化に気づいたとき、自分と同僚のためにセミナーを計画し、彼が発見しつつあったものをシェアしました。
 そのようにして、個人やグループとのワークが始まり、彼は35年間この開発を追求してきました。

リチャード・モス医師のワークとティーチングのスタイル

 モス氏は人生の中で、数多くの重要なリソースから影響を受けましたが、彼のワークは、何か特定のスピリチュアリティ、または、宗教的な伝統からは独立して進化しました。
 モス氏の教えは、誰もがアクセス可能な《変容》のためのプロセスであり、意識的な生き方と言えます。
 ワークショップやリトリートに参加して得られるものは、新たな信念体系の獲得や何らかの組織へ加わることが目的ではありません。自分自身を観察して、その本質を見抜くことから自然にそうなるまでは、自分の変化を迫られることはありません。
 モス氏のワークは、あなたが生まれながらに定められたものを十分に発揮し、そして、創造的に生きられるように、あなたの反応をより強くするための触媒になります。

 これは彼が「ラディカル・アライブネス=根源的生命感」と呼ぶものです。それは、私たちの奥深い存在から起こる「生命力と知性」と言えるでしょう。

 モス氏の教えは、洋の東西を問わず、広範囲の人間性の研究に基づいています。そして、これらの多様な伝統の神髄を、現代的な斬新な方法で伝えられる能力を、天性の才能として持っています。
 モス氏の行う講義やワークショップは、テーマが似通っているとしても、二つとして同じものはありません。いずれにおいても、独自の活き活きとした方法で、教えを送り届けます。
 モス氏は、彼が伝えている、彼自身の意識の状態へとワークの参加者を誘導する、類まれなる能力を持っています。
 その言葉は、時間を超えた普遍的な場所より沸き起こり、人々は、モス氏が自分の心を読んで、直接自分の差し迫ったニーズや問題について話しかけてくれているかのように感じると報告しています。

 モス氏は、講演、3~5回の「ディープワーク」集中セミナー、10日間の「ラディカル・アライブネス(根源的生命感)リトリート」を通じてティーチングを行っています。
 モス氏が伝えるスタイルは極めてダイレクトでありながら、常に相手を尊重したものです。セッションの間にも、彼は気さくに質問を受け、参加者と一緒に食事を楽しみます。
 プログラムのすべてで、参加者が自己の本質と深く結び付けるように導きます。
 そのゴールとは、あなたが、モス氏や他の人のワークにただ従うのではなく、自分自身の先生になることです。
 モス氏は、自分のプログラムの豊かさで評価を得ています。参加者は、自分のマルチ次元(複数の次元)の意識を経験し、制限している信念を認識して、それから自分を解放する方法を直接学びます。
 自分を脅かす感情、特に、様々なカタチを取る怖れに、気づきのアプローチを教えます。それにより、これらの暗い空間に、創造的・解放的な方法で立ち向かえるようになります。

 あなたが学ぶ、すべてのツールや練習は、柔軟で、実用的で、家に帰った後も、生活の中で簡単に応用できるように設計されています。
 これは、あなたの存在全体を取り扱うワークです。体・心・感情・エネルギー、そして、言葉では表せないあなたそのもの、これは本質的、そして永続的な変化のためです。

 長期のリトリートと多くのディープワーク集中セミナーでは、自然と深くつながった場所が、開催地として念入りに選ばれています。
 モス氏は、自然環境が、洞察の瞬間を予期せず反映する神秘的な力を持っていることを知っています。それは、もしかすると鳥のさえずりかもしれません。そして、自然は、ひとり一人がもつ、真の自己の全体性と美しさを映し出す一番の鏡といえるでしょう。

【リチャード・モス医師 プロフィール】

ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校を卒業。1972年に ニューヨーク医学大学より医学位を受けました。

米国救急医療学会と米国予防医療学会のディプロマット(1974年と1979年)、米国ホリスティック医療協会のメンバー。
多数の会議、教会、研修団体などでプレゼンテーションを行っている。それらは、企業、ハーバード大学、シカゴ大学、スタンフォード大学、カリフォルニア州立大学バークレー校などの教育機関をはじめ、北米、欧州、南米、オーストラリアにおける多様な団体です。

Home

著作:
The I That Is W e: Awakening to Higher Energies Through Unconditional Love.(1981)
How Shall I Live: Transforming Any Health Crisis Into Greater Aliveness, (1985)
The Black Butterfly: An Invitation to Radical Aliveness (1987)
The Second Miracle: Intimacy, Spirituality, and Conscious Relationships (1995)
Words That Shine Both Ways (1998)
The Mandala of Being: Discovering the Power of Awareness (2007)
Inside-Out Healing: Transforming Your Life Through the Power of Presence. (2011)

Richard Moss Deep Work For Essential Change
リチャード・モス医師 
本質的な変化のためのディープワークセミナー日本初開催
主催 ワンネスグループ

Mandala of Being TM Deep One Certification Course
マンダラ・オブ・ビーイング(存在のマンダラ)TM 
ディープワン 認定コース 東京
2016年
10月26日(水)19:00〜21:00 
イブニングセミナー 
超早割 4,000円(税別) 早割 4,500円(税別) 通常 5,000円(税別)

10月27日(木)28日(金)29日(土)30日(日)10:00〜18:00 ※最終日は16:00終了
マンダラ・オブ・ビーイング(存在のマンダラ)TM 
ディープワン 認定コース DAY1〜DAY4 4日間
超早割 188,000円(税別) 早割208,000円(税別) 通常 228,000円(税別) ※4日間の全日程を終了された方に認定証を発行いたします。

10月27日(木)10:00〜18:00
マンダラ・オブ・ビーイング(存在のマンダラ)TM
DAY1 イントロ(1日のみ)
マンダラ・オブ・ビーイング(存在のマンダラ)TM の導入となる内容を学ぶ。1日のみの参加
超早割 38,000円(税別) 早割 48,000円(税別) 通常 58,000円(税別) 

◎日時:2016年10月27日(木)~30日(日)
◎場所:東京 両国KFCホール ROOM 111
    東京都墨田区横網(よこあみ)1丁目6番1号
http://www.tokyo-kfc.co.jp/facility/hall/

◎主催:日本アディクションインタベンショニスト協会(JAAI)
代表理事 矢澤祐史
http://jaai.oneness-g.com/
(一般財団法人 ワンネスグループ内 http://oneness-g.com/)

◎お問い合わせ 
ワンネスグループ メール:https://goo.gl/Iub6dl
ワンネスグループ TEL:0120-200-069

カレンダー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新の記事

アーカイブ