心身の回復とウェルビーイングな生き直しをワンネス財団 ONENESS GROUP FOUNDATION心身の回復とウェルビーイングな生き直しをワンネス財団 ONENESS GROUP FOUNDATION心身の回復とウェルビーイングな生き直しを。

無料相談
ダイヤル

0120-111-351受付 月曜〜金曜10:00〜17:00
  • HOME>
  • 活動ブログ

ワンネス財団活動ブログ

2019.05.20

「豊かな社会づくり」インターネットゲーム依存症の理解促進と回復支援を通して

今回の活動ブログは、ワンネスグループ奈良施設における「インターネットゲーム依存症問題」への取り組みについて。
 
セレニティパークジャパン奈良 チーフスタッフの木村勇也がレポートします。
 

 
======================
 
セレニティパークジャパン奈良では、ギャンブルやアルコール依存症の回復支援だけでなく、インターネットゲーム依存症(ゲーム障害・ゲーム症)の問題に対する回復ならびに相談支援、そして理解促進にも活動の場を広げています。
 
2019年に入り、奈良県をはじめ関西地域での講演会や出張プログラム、さらには依存症を抱えた当事者への取材対応などの活動が増えています。
 
今回は、それら活動の一部についてお伝えしたいと思います。
 
 
3月と4月の2度にわたり、私とインターネットゲームに問題を抱える施設利用者2名で、奈良県生駒市の放課後デイサービス事業所を訪問し、子どもたちと一緒に感情について知り表現する(エモーショナルリテラシー)ためのグループワークを行いました。
 

 
 
放課後デイサービス利用者のなかにも、ゲームやインターネット、SNSへの依存傾向が強い子どもたちがいて、日常生活に悪影響が及び始めている状況を事業所スタッフの方やご家族からお話を聞かせていただきました。
 
家庭環境や学校での対人関係など、様々な背景を持つ子どもたちとの関わりを通じて、依存の背景にある「生きづらさ」とは子どもでも大人でも共通していることに気付かされました。
 
ワークに参加した子どもたちは、ゲームや自分の好きなことを喋るときはイキイキとした表情を見せてくれましたが、一方で、家庭や学校では自分自身を上手く表現出来ないという「心の葛藤」も話してくれました。
 
その様子を見ていると、過去にギャンブルに苦しんでいた頃の私と通じる部分があるとも感じました。
 

 
 
最後には、ワークを通じて友達の輪に入ることが出来た一人の女の子が、帰ろうとする私たちに「また会いたい」と笑顔で一緒にハグをしてくれました。
 
本来はこうして安心を感じながら人と関わりたい、という子どもたちの本心からの姿が垣間見えた瞬間でした。
 
 
放課後デイサービスほか福祉事業所での勉強会だけではなく、学校や自治体主催の講演会・研修会などでもインターネットゲーム依存症をテーマにした依頼が増え、ワンネスグループ共同代表の三宅やワンネスグループ九州・沖縄代表の位田などスタッフたちが様々な場所で依存の実態や、解決に結びつく考え方の一例などお伝えしています。
 

 
 
5月には、奈良県内の高校の生徒さんからインタビューの依頼を受けました。
 
その高校では、全校生徒を対象にしたアンケートを実施してソーシャルゲームや課金についての実態を調査したそうで、6割ほどの生徒が過去に「課金をした経験がある」と回答したとのことです。
 
結果を受けて、アンケートを実施した生徒さんたちがゲーム依存や課金の問題に危機感と関心を持ち、今回のインタビュー依頼へと繋がったと、経緯をお話してくれました。
 
インタビューの中で生徒さんから「夢や将来に希望を持つことが出来ない学生が多いことについてどうしたらよいか?」という質問もありました。
 
また、周囲の人たちや自分自身に問題があると気が付いたらどのように行動するかについて意見をお伝えしました。
 

 
 
昨年の中ごろから、ワンネスグループの相談窓口においても若年層を中心とするインターネットやゲームへの依存についての相談が増加しています。
 
5月20日から始まったWHO(世界保健機関)の年次総会において、「ゲーム障害(ゲーム症)」が正式に疾患として認定される見込みとなっており、インターネットゲーム依存症の問題は社会における解決すべき重要な問題の一つとなっていくと考えています。
 
今回私は、ゲームやインターネットに依存していく過程にはその他の依存症と同様に、「対人関係を築きたいが自分の思うように築けない、自分自身をどう表現したら良いか分からない」など、当事者が抱える生きづらさの背景を知る機会となりました。
 
加えて、当事者が発達障害を抱えているケースもあり、周囲の理解や支援がとても重要であるという気付きもありました。
 
当たり前のように思えることですが、問題解決には社会や当事者と関わる周囲の人たちの理解がより一層必要となっていくと感じています。
 
セレニティパークジャパン奈良をはじめ私たちの活動を通じて、ゲームやインターネットへの依存、その他の様々な依存症からの回復をきっかけにそれぞれの持つ個性を理解し支え合うことの出来る社会の仕組み作りをお手伝いしていければと思います。
 
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
◆ワンネスグループホームページ「インターネットゲーム依存症を知る」も併せてご覧ください。
(画像をクリックするとページ移動します。)

 
 
◆ セレニティパークジャパン奈良 活動ブログ「ダイナミクスな日々」はこちら!
(画像をクリックするとブログページに移動します。)

 
 
◆ セレニティパークジャパン(奈良・沖縄・名古屋) 施設ホームページはこちらから!
(画像をクリックするとホームページに移動します。)